TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2017年

一覧 RSS

News Release

平成29年04月19日

HANNOVER MESSE 2017に初出展

ブースイメージ

株式会社ジェイテクト(愛知県名古屋市、取締役社長 安形哲夫、以下ジェイテクト)は、2017年4月24日からドイツのハノーバーで開催される「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ) 2017」に初出展いたします。ハノーバーメッセは世界最大の産業見本市であり、近年では世界の情報通信産業のショーケースとして最新技術が出展されます。
 その中で、ジェイテクトは昨年のJIMTOF2016で発表した通り、「人と設備が協調し、人の知恵が働く、人が主役のスマートファクトリー」を実現する「つながる」「見える化」「バリュー」「チェーン」4つの導入ステップと、IoE(Internet of Everything)ソリューションを提案しています。Industrie4.0提唱の地であるドイツで、当社が提案する「人が主役のスマートファクトリーづくり」を訴求いたします。

ジェイテクトは導入ステップ「つながるソリューション」として、メーカーの異なる設備も簡単につなげることが可能なアドオンタイプのボード型PLC「TOYOPUC-Plus」を展開しており、この度EtherCATに続きPROFINET対応モジュールを追加します。

また、つながる範囲を拡げる「チェーンソリューション」実現の手段として、お客様の利便性に応じた自由なクラウド選択を可能にしています。そのまず第一弾として、この春シーメンス株式会社(東京都品川区、代表取締役社長兼CEO藤田 研一、以下シーメンス)が提供を開始するクラウドベースのIoTオペレーションシステム「MindSphere(マインドスフィア)」の採用を決定し、今回のハノーバーメッセで発表いたします。会期中には、独シーメンス(本社)ブースにて2日間、当社のプレゼンテーションを行います。

■独シーメンスブース(Hall 9 D35)での当社プレゼンテーション日時
①4月26日(水)16:15~16:30  ②4月27日(木)15:45~16:00

ジェイテクトは今後も、お客様の地域特性や利便性に応じたクラウドの採用を、そして様々な企業・団体とのオープンイノベーションを進めてまいります。