TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2015年

一覧 RSS

News Release

平成27年11月10日

ギヤスカイビングセンタ GS700Hを開発
~大径、大モジュールギヤを1台で集約加工~

株式会社ジェイテクトは、スカイビング加工での量産実績を元にギヤスカイビングセンタGS300H※を2013年に世界で初めて商品化しました。今回、そのスカイビング加工機能を継承し、お客様の大型ギヤ加工のニーズにお応えする『ギヤスカイビングセンタGS700H』を開発いたしました。

GS300Hは工作物外径が最大220mmで主に自動車に使用されるギヤの加工を対象としておりましたが、今回の開発機は、工作物外径が250~700mmの大型ギヤ加工を可能とし、自動車用を始め、産業ロボットや建設機械、トラックなどに使われるギヤに適した機械です。
 ジェイテクトは、スカイビング加工に必要な構成要素を独自で開発し、パッケージ化をすることで、設備(要素)・制御・工具・加工技術全てをご提供しています。GS700Hを新たにラインナップすることでギヤスカイビングセンタをシリーズ化し、今後需要が見込める大型ギヤ加工市場への販売強化を図ってまいります。

製品写真

※2013年には「e500H-GS」として発売開始、2015年6月に「GS300H」に名称変更
 また、2014年度日刊工業新聞社「十大新製品賞 本賞」を受賞

 

1.主な特長

 

①φ700/モジュール6大型ギヤ加工を実現する高い切削能力
  (1)高剛性トラ二オン形テーブルの独自開発
    ・ワーク軸(B軸)
     最高回転数1000min-1、最大積載φ700/550㎏
     大径高精度軸受と高トルクDDモーターにより高速・高剛性を実現
    ・チルト軸(A軸)
     高剛性クロスローラー軸受、両側ディスクブレーキを採用し、
     テーブル傾斜時の安定性を確保。

  (2)6000回転高剛性主軸を搭載
    ・φ110mmの当社軸受による高剛性主軸の設計・開発

  (3)当社オリジナルのスカイビング加工工具
    ・当社独自の歯車創生理論に基づく加工工具形状を確立


製品写真  ②高精度化技術
  (1)ジェイテクトオリジナル角スライド
   (GⅡスライド)の採用
    ・高剛性と高減衰・低摩擦を両立し、
     切削振動を制振しつつ高い追従性を
     実現
    ・Z軸移動による浮き上がり量を抑制し
     軌跡精度(歯すじ精度)を向上

  (2)設備の低熱変位設計による
    加工精度を安定化


 ③歯切り工程を1台に集約

製品写真


 ④ジェイテクトオリジナルCNC装置:TOYOPUC-GC70を搭載
  (1)自動プログラミング機能
    ・ギヤ諸元、工具諸元、切削条件データの入力で簡単にプログラムを作成

  (2)主軸とワーク軸の高速同期制御により、高精度なギヤスカイビング加工を実現


2.設備仕様

 

製品写真

3.目標販売台数

 

5台/年


4.販売価格

 

1億4,000万円