TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2016年

一覧 RSS

News Release

平成28年05月30日

新構造のアンチクリープ玉軸受を開発

株式会社ジェイテクト(以下ジェイテクト)は、軸受事業のブランド「Koyo」に新たにタグライン「Key of your operation」を設定し、お客様とともに課題を解決し、嬉しさを提供するパートナーとしてあらゆる産業に貢献しています。
 今回、主に自動車の変速機への使用を想定した新構造のアンチクリープ玉軸受を開発しました。
 本開発品は、クリープ(ハウジングに対して、外輪が回転してしまう現象)による摩耗に起因するハウジングや軸受の寿命低下対策として、従来一般的であった外輪厚肉化をすることなく、クリープを抑制することに成功。自動車の変速機等の軽量化やコンパクト化に貢献します。
 今後、CVTやHVなどの自動車変速機用軸受として自動車メーカーや変速機メーカーへ拡販を図るほか、クリープ抑制が求められる用途向けに広く展開してまいります。

1.特長

 

①外輪ひずみによるクリープに対して、今回開発品の構造・形状による対策は世界初
  (※当社調べ)

 ②外輪肉厚35%アップと同等のクリープ抑制効果
  (例:ハウジング摩耗量を50%低減)

 ③従来品との置き換えにより、変速機等の軽量化・コンパクト化に貢献

2.詳細説明

 

自動車(特にCVTやHV)の変速機用玉軸受など、大きなラジアル荷重がかかる軸受には、外輪ひずみによるクリープ(ハウジングに対して、外輪が回転してしまう現象)が発生しやすいという特徴があります。クリープが発生すると、軸受とハウジングとの間で摩耗が進行し、軸の芯ずれや傾きが大きくなり、実機ユニットに不具合が生じる恐れがあります。

 外輪ひずみによるクリープ対策としては、外輪の厚肉化が一般的ですが、軸受のサイズアップによる実機ユニットの大型化や重量増加といった問題があります。(図参照)
 今回、外輪の外径中央部に極浅い溝を設ける構造を世界で初めて採用し、玉と外輪軌道の接点から外輪外径とハウジングとの接触部までの距離を外輪厚肉化製品と同等とすることで、外輪肉厚を35%アップした場合と同水準のクリープ抑制を可能とし、上記問題点を解消しました。(図参照)
 本開発品により従来のような外輪の厚肉化が不要となった結果、自動車の変速機等の軽量化・コンパクト化が可能となります。

開発品の概略図

<開発品の概略図>


製品写真

<製品写真>


3.販売計画

 

【売上目標】 10億円 /年
 【販売先】  自動車メーカー、変速機メーカー、他

4.製造工場

 

国内外の玉軸受生産工場