TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年

一覧 RSS

News Release

平成30年05月16日

「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」出展

株式会社ジェイテクトは、5月23日〜25日にパシフィコ横浜で開催される、人とくるまのテクノロジー展に出展いたします。

出展コンセプト

 

『No.1 & Only One』 -より良い未来に向かって-

・自動運転化、電動化などクルマの未来に貢献する、STG・軸受・駆動製品のPR

・各種受賞技術…学会アワード技術に基づく展示で当社の技術力をアピール



主な展示内容

 

◆ラックパラレルタイプ電動パワーステアリング(RP-EPS)
大型乗用車の搭載に適した高出力電動パワーステアリングシステム。
ラックバーに並列するモーターと減速機ハウジングは世界最小クラス。システムの小型化・軽量化を実現し、車両搭載性を向上。長年培ってきたトライボロジーのノウハウを駆使することで、操舵時の摩擦を低減し、スムーズで快適な操舵を実現。2016年末に花園工場にて量産を皮切りに、米国、中国でも量産を推進し、世界中のお客様に貢献。


RP-EPS

RP-EPS



◆大型輸送車(バス・トラック)の自動運転化対応技術
当社テストコース「ジェイテクト伊賀試験場」で行った、バス・トラックの自動運転対応技術のデモンストレーション映像を上映。自動走行を行うバスが安全かつ正確にバス亭に寄せ、停止する実写映像を放映。
将来の公共交通機関の自動運転化に貢献する、ステアリングシステムのNo.1&Only One 企業である当社の技術を量産前に紹介します。



◆高耐熱リチウムイオンキャパシタ
独自技術により世界初の動作温度範囲-40℃~85℃を実現するリチウムイオンキャパシタ。
冷却装置を使用せずに車両に搭載することが可能となります。
その活用例として、EPS用補助電源システムがあり、EPSの出力向上を目指した「高出力ユニット」と今回、新たに「バックアップ電源ユニット」の開発を予定しています。
「高出力ユニット」は、車載電源装置の12Vを一時的に6V昇圧し、据切り走行時などの高出力化を実現。操舵性能を向上させ、大型乗用車のEPS搭載を可能にすると共に、環境性向上と自動運転化に貢献します。
また、「バックアップ電源ユニット」は自動運転車搭載のEPSやステアバイワイヤ向けに、12V系の電源二重化を実現。高耐熱に対応し、ASILに対応した信頼性の高い新電源を目指しています。
さらには、ステアリングシステムの補助電源装置としてだけでなく、パワートレーンへの適用による高出力およびバックアップ電源ニーズへの対応により、機能向上ならびに安全性向上への貢献を期待されています。

高耐熱リチウムイオンキャパシタ/EPS用補助電源システム/ブースイメージ



なお、本展示会併催の学術講演会において、下記のとおり、当社の研究内容発表をおこないます。


日時: 5/24(木) 9:30〜11:35
場所: パシフィコ横浜 会議センター 304(3F)
内容:

セッション45 車載用パワーエレクトロニクスコンポーネント新技術

①「高耐熱リチウムイオンキャパシタの開発」
三尾 巧美、小松原 幸弘、大参 直輝、木元 雄輔、飯塚 健太郎、西 幸二

②「電動パワーステアリング用補助電源システムの開発」
日比野 徳亮、佐藤 文彦、篠田 智史、杉山 豊樹