TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年

一覧 RSS

News Release

平成30年08月28日

HANNOVER MESSE USAへ出展

株式会社ジェイテクト(以下ジェイテクト)は9月10日(月)~15日(土)にシカゴ・McCormick Placeにて開催される「HANNOVER MESSE USA」に出展します。

1.出展概要

 

ジェイテクトはこれまで国内を中心に、「人が主役のスマートファクトリー」をテーマにIoE Solutionをご紹介して参りました。
 これから北米での展開を進めていくための第一歩として、本展示会ではこれまでジェイテクトが注力してきた「生産ラインの見える化」「設備の予兆保全」ソリューションを中心にJTEKT IoE Solutionをご紹介します。

2.主な展示内容

 

①IoE Solutionの1つである「バリューソリューション」をMR(Mixed Reality)でバーチャルに体感いただけます。具体的には、MR上でマシニングセンタを映し、内部のセンサーから収集されたデータに基づいて異常を検知し、機械が止まってしまう前に保全を行う様子をご覧いただけます。
MRの映像では360度全ての方向から機械が見えるようになっており、非常にリアリティのあるコンテンツとなっています。


②近日北米にて販売開始予定の設備稼働情報を簡単に見える化する"JTEKT-SignalHop"をご紹介致します。
JTEKT-SignalHopは工場内の設備に付いている信号灯に置くだけで、既存設備の改造なしで見える化を可能にします。
また、信号灯のステータス監視を無線通信で行うことにより、離れた場所でも設備の稼働状態をリアルタイムに見ることができ、生産の問題点をデジタルに浮き出たせ、改善につなげることができます。


ブース内では、同時開催のIMTS展示会に出展予定のグループ会社・JTAM(JTEKT Toyoda Americas Corporation)とコラボし、JTAMが展示する工作機械の稼働状況を、HANNOVER MESSE USAのジェイテクトブースにてリアルタイムに表示致します。


<展示物一覧>

・MRを用いたIoE Solutionの体験コンテンツ

・JTEKT-SignalHop(アドオンコンセプトで設備の稼働状況を見える化)

・TOYOPUC-Plus(あらゆる通信形態に対応したボード型PLC)

・TOYOPUC-AAA(エッジ型解析モジュール)


3.ブースイメージ

 
ブースイメージ


4.ブース番号

 

134761(East Building)


※同会場にて同時開催の「IMTS」に多数の工作機械を出展予定。
ブース番号「338519」