TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2020年

一覧 RSS

News Release

2020年09月23日

トルセン®LSD, 4WD車用電子制御カップリングが
トヨタ自動車の新型車「GRヤリス」に搭載

株式会社ジェイテクト(以下ジェイテクト)のトルセン®LSD, 4WD車用電子制御カップリング(ITCC®)が、2020年9月4日に発売されたトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)の新型車「GRヤリス」に搭載されました。

「モータースポーツ用の車両を市販化する」という逆転の発想で開発した「GRヤリス」の高レベルのスポーツドライビング実現に当社駆動製品が貢献しています。

それぞれの特徴は、下記のとおりです。

GRヤリス

GRヤリス(ミッドランドスクエア・トヨタ自動車ショールームにて撮影)



1.トルセン®LSD

 

トルセン®LSD

「トルセン®LSDとは」

トルセン(TORSEN)とは、自動車の旋回時に左右輪もしくは前後輪のトルクを最適配分する駆動装置であるLSD(リミテッドスリップデフ)の一種です。

ヘリカルギヤを用いて差動制限を行うLSDとして、高いトルク配分性能と高耐久性を誇る、ジェイテクトのNo.1&Only One製品の1つです。

現在では主に四輪駆動車に搭載され、前後輪のトルク配分を行うトルセン Type-Cとスポーツタイプの後輪駆動車をはじめ前輪駆動車にも搭載され主に左右輪のトルク配分を行うトルセン Type-Bを日本、ベルギー、アメリカで生産しています。

「GRヤリスへの搭載」

GRヤリスでは、「RZ “High performance”」の車両の前後にトルセンType-Bが採用され、GRヤリスの使用環境下に適用するため、高強度・高容量化を図り、より高いレベルのスポーツドライビングに応えます。

トルセンType-B フロント用イメージ

トルセンType-B リヤ用イメージ



2.4WD車用電子制御カップリング ITCC®

 
「ITCC® Intelligent Torque Controlled Coupling とは」

ITCCは、電子制御により駆動力を連続的に可変して伝達するカップリングで、通常は四輪駆動車のリヤディファレンシャルとプロペラシャフトの間に搭載され、前後輪の駆動力を連続的に可変することで、高い燃費効率と優れたトラクション性能を両立する装置です。そのコアとなる技術は、シリコンを含有したダイヤモンドライクカーボン(DLC-Si)という、ダイヤモンドに近い特性を持ち、摩耗に強い非結晶の炭素を数ミクロンの膜として被覆した電磁クラッチと専用開発のフルードであり、小型で優れた耐久性と静粛性を併せ持っております。

「GRヤリスへの搭載」

「電子制御多板クラッチ」とも呼ばれている本製品は、「RZ」「RC」に採用されている「スポーツ4WDシステム “ GR-FOUR ”」の構成部品として搭載され、GRヤリスの使用環境下に適応するため、高温対応、高容量化を図り、ドライブスタイル、路面状況に応じた前後トルク配分のコントロールに貢献しています。

ITCC製品イメージ



ジェイテクト駆動事業では、TORSENをはじめ様々な駆動製品の研究開発をすすめることで、スポーツカーの走行性の向上に加え、乗用車の安全性向上、環境性向上を進める共に、商用車への技術展開や次世代自動車への技術貢献することができる、No.1&Only One の製品づくりをすすめていきます。