TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2021年

一覧 RSS

News Release

2021年06月29日

鉄鋼圧延設備用 軸受荷重センシング技術の開発
~軸受を通じた設備健全化と生産性向上への貢献~

株式会社ジェイテクト(以下ジェイテクト)は、鉄鋼圧延設備における軸受荷重センシング技術を用いることで、正確な設備状態の”見える化”と“壊れない軸受”の提案を実現し、設備の健全化と生産性の向上に貢献いたします。

荷重測定方法概略

【図1 荷重測定方法概略】




軸受荷重を直接測定することによる設備健全化の取り組みは、ジェイテクトのOnly One技術です。

鉄鋼圧延設備は、高温・重荷重・高速回転などの過酷な環境においても安定した稼働と整備コストの低減が求められています。設備の安定稼働のためには、主要部品である軸受の突発損傷や、それに起因する設備の2次被害を防止することが重要です。従来の設備管理は、温度や振動変化の傾向を一定期間管理し、過去の経験に基づく健全化対応が主流です。

 今回ジェイテクトが開発した鉄鋼圧延設備用軸受の荷重センシング技術は、設備の状態をより早く正確に把握することで、

①軸受を通じた設備健全性の見える化

②過酷な負荷条件における信頼性の高い設備改修(高速化・高張力鋼などの難圧延材対応)

③軸受破損原因の推定と,最適設計により壊れない軸受提案

 を可能にしました。

この軸受荷重センシング技術を用いた設備健全化については,既に実際の生産現場においてご提案を開始しております。

※当社調べ


≪荷重測定の流れ≫

荷重測定の流れ



≪活用事例≫

活用事例

【図2 荷重測定から設備安定稼働までの流れ】


軸受の円周方向回転動体荷重分布

【図3 軸受の円周方向回転動体荷重分布】




≪今後の取り組み≫


・ワイヤレス化によるセンシング軸受組付けの簡易化

・自己発電等を利用した長時間測定対応



≪販売目標≫


販売先:国内外鉄鋼メーカー

販売目標:5億円/年


ジェイテクトは、軸受事業のブランド「Koyo」において、「Key of your operation」を掲げ、お客様とともに課題を解決し、嬉しさを提供するパートナーとして、様々な環境に適応する軸受を提供し、あらゆる産業に貢献してまいります。