見える化ソリューション

人と情報をつなげる

すべての機器が、同じネットワークに繋がることで、詳細な稼働状況を見える化し設備とライン全体をマネジメントできるようになります。
近い将来、工場内ではネットワーク化が進み、管理者は人と設備、
すべての情報をリアルタイムに一元管理できるようになります。

特長

つながった設備の情報系ネットワークを管理し、
見える化を実現する、生産マネジメントシステム。

つながった設備の情報をアンドンで見える化する生産マネジメントシステム

JTEKT-Hawkeye

生産設備、ラインの困りごとを「見える化」して弱点を改善するサイクルにより
生産性を向上させ、収益UPに貢献します。

手軽に状態ランプの点灯状態で「見える化」を実現

JTEKT-SignalHop

置くだけで既存の設備をつなげて設備の状態、生産現場の稼働状況を見える化します。

見える化機能も充実

導入事例

  • 導入事例 ジェイテクト刈谷工場
  • 導入事例 ジェイテクト香川工場
  • 導入事例 A社
  • 導入事例 B社