製品情報

モーションコントローラ

多軸モーションコントローラ MA1K

あらゆるメカに自由自在、優れたコストパフォーマンス 多軸の位置決め作業ならMA1K
ローダ、組付け機からシーラ・治具まで幅広い用途に最適です。
 
PLCと一体型のコントローラ
コントローラは、TOYOPUC-PC2Jのモジュールとして実装され、取り付けスペース、配線工数の削減がはかれます。


わかりやすいプログラム言語
プログラム言語は、モーション言語「TL1」を使用します。当社フレンドロボットの言語と互換性があるので、設計効率、拡張性に優れています。


マルチタスク・マルチユニット機能搭載
最大制御軸数は15軸です。
マルチユニット機能により、最大4つのユニットを定義することができ、またマルチタスク機能により、最大5つのタスクを同時に独立して制御することができます。

装置の共用化による高い保全性
サーボアンプはMC1Kを使用し、サーボモータも、MC1K用と同じシリーズを使用できます。
コントローラは、AF1K用コントローラとハードウェア互換があり、システムソフトをフロッピにて管理し、パソコンにてダウンロードすることができます。


使いやすいOB、OBレス運転も可能
ティーチングボックスはTC32ロボットコントロラで採用している高機能なOB32を使用できます。
また、汎用操作盤を用いて現在位置モニタなど各種モニタから、ポイントティーチングまでできますので、OBレス運転も可能です。