TOYOPUC PC3Jシリーズ

TOYODAロゴ
機械にやさしいプログラマブルコントローラ
  • 独立した3本のプログラムを実行
  • 「視える化」を実現する設備情報メモリの搭載
  • 通信ポートの内蔵
PC3JX (CPUモジュール)
  • PC3J-CPU,PC3JL-CPUからの置き換えに最適
  • 見る化機能も充実
  • RoHS指令適合品
PC3JX-D (CPUモジュール)
  • PC3JD-CPUからの置き換えに最適
  • DLNK機能搭載
  • 見る化機能も充実
  • RoHS指令適合品
入出力モジュール
用途にあわせて経済的なシステム構成ができる、ビルディングブロックタイプのモジュール。
2Port-EFR (通信モジュール)
  • FA用標準プロトコル採用
  • 世界標準プロトコル採用
  • I/O通信と診断情報を収集
DLNK-M2 (通信モジュール)
TOYOPUC-PC10G/PC3J用のマスタモジュール。
DLNK-S (通信モジュール)
PC10G/PC3Jのベースに装着し、豊富なI/Oモジュールの使用が可能。
PCリンク/コンピュータリンク
PCリンク機能とコンピュータリンク機能の2つの機能が1つに。
高速PCリンク
高速通信、高速処理を実現したPC間リンク。
高速リモートI/O
遠隔地へのI/Oの分散配置を可能にし、配線コストを大幅低減。
シリアルI/O
バーコードリーダやIDコントローラ、磁気カードリーダなどのシリア通信ポートを持った装置とのデータの送受信を行うインタフェースモジュール。
AS-i M
デバイス用のオープンネットワークAS-i対応の各種機能をケーブル一本で接続するためのマスターモジュール。
高速カウンタ
一般の入力モジュールとカウンタ命令では追従することのできない高速入力の計数、比較をおこなうモジュール。
アナログ入出力
  • 8チャンネル、16ビット高分解能モード。
  • 変換速度60μsec/チャンネル、精度±0.3%、と高速・高精度。
パルス出力
パルス列入力方式のモータ・ドライバと組み合わせることにより、サーボモータやステッピングモータの独立1軸簡易位置制御が可能。
TOYOPUC-MCML (モーションコントローラ)
  • 多軸の搬送、位置決め用途に最適。
  • モーション制御をラダー回路だけで実現。
TOYOPUC-MCSSC (モーションコントローラ)
  • 多軸の搬送、位置決め用途に最適。
  • モーション制御をラダー回路だけで実現。
POWER1H、POWER2H (電源モジュール)
機器一覧表