通信モジュール

TOYODAロゴ

FL-net/Ethernet/FLリモート

2Port-EFR (通信モジュール)
  • FA用標準プロトコル採用
  • 世界標準プロトコル採用
  • I/O通信と診断情報を収集
Plus EX、Plus EX2 (増設通信ボード)
  • Plus拡張モード(EXボード実装時有効)
  • Ethernet/FL-net/FLリモート 10Mbps/100Mbps
  • PC/CMP/SIO(RS422/RS232C/SN-I/F/MODBUS
Plus EFR、Plus EFR2 (増設通信ボード)
Ethernet/FL-net/FLリモート 10Mbps/100Mbps

DeviceNet

DLNK-M2 (通信モジュール)
TOYOPUC-PC10G/PC3J用のマスタモジュール。
DLNK-S (通信モジュール)
PC10G/PC3Jのベースに装着し、豊富なI/Oモジュールの使用が可能。
Plus DLNK-M (増設通信ボード)
DeviceNetマスタ

CC-Link

Plus CLNK-M (増設通信ボード)
CC-Linkマスタ Ver2.00準拠
Plus CLNK-S (増設通信ボード)
CC-Linkスレーブ Ver2.00準拠

その他

PCリンク/コンピュータリンク
PCリンク機能とコンピュータリンク機能の2つの機能が1つに。
高速PCリンク
高速通信、高速処理を実現したPC間リンク。
高速リモートI/O
遠隔地へのI/Oの分散配置を可能にし、敗戦コストを大幅低減。
シリアルI/O
バーコードリーダやIDコントローラ、磁気カードリーダなどのシリア通信ポートを持った装置とのデータの送受信を行うインタフェースモジュール。
AS-i M
デバイス用のオープンネットワークAS-i対応の各種機能をケーブル一本で接続するためのマスターモジュール。