製品情報

TOYOPUC-PC10シリーズ

TOYOPUC-PC10P

  • PCIバス仕様の各種コントローラにPLCを搭載可能
  • 増設ユニットにより各種モジュールを増設可能
  • 通信機能を標準装備
  • プログラム容量 180K語、設備情報メモリ 4Mbyteを搭載
  • SFCプログラミングが可能(IEC61131-3準拠)
    ※SFC(Sequencial.Function Chart)
 

1.TOYOPUC-PC10Pの特長

TOYOPUC-PC10Pは、PCIバス用ロボットコントローラに内蔵可能なプログラマブルコントローラで、PCIバスを介してロボットコントローラとデータ交換が可能です。PC10PのCPU機能は、PC10Gと同機能です。FLリモートI/Oボード、TOYOPUC BUS-EXP(EXPANDEDBUS)を使うことによりPC10P-CPUの拡張が可能です。FLリモートI/Oボードは、FLリモート通信のリモートI/Oモジュールで、入力40点/出力40点を備え、PC10P-CPUと同様にPCIバスラックに固定可能です。TOYOPUC BUS-EXP(EXPANDED BUS)はUSB通信を利用したPC10P専用増設モジュールです。従来のベースユニット及び電源モジュールを使用し、CPU/SELスロットにTOYOPUC BUS-EXP(EXPANDED BUS)を実装することで、PC2J/3Jシリーズの各種モジュールを増設することができます。

■高性能なCPU機能
基本命令0.015μs/語(min.)、応用命令0.05μs/語(min.)とPC3JP、PC3JGを凌ぐ高速処理により「設備制御」「設備診断」情報処理」などの多彩なシーケンスプログラムを処理できます。またPCwinとの通信をUSB2.0とすることにより、従来よりも高速にプログラムの読出し・書き込みが可能となりました。

■大容量のメモリ
設備情報メモリが4Mbyteに拡張されました。
P C 1 0 Pは、周辺装置との通信用のU S Bポートを1ポート、TOYOPUC BUS-EXP(EXPANDED BUS)との通信用のUSBポートを1ポート標準装備しています。また10Mbps/100Mbpsの通信が 可能なFL-net/イーサネット/ FLリモートMを2ポート(L1、L2)標準装備しています。

■多彩な通信機能
P C 1 0 Pは、周辺装置との通信用のU S Bポートを1ポート、TOYOPUC BUS-EXP(EXPANDED BUS)との通信用のUSBポートを1ポート標準装備しています。また10Mbps/100Mbpsの通信が 可能なFL-net/イーサネット/ FLリモートMを2ポート(L1、L2)標準装備しています。

2. TOYOPUC-PC10Pの一般仕様


3. TOYOPUC-PC10Pの制御仕様