感謝の気持ちを忘れず、
会社とともに成長する

池ノ内 雅樹Masaki Ikenouchi

2006年 入社

職種
:調達
所属部署
:第2調達部 鋳鍛加工室 第2鍛造グループ
出身学部・学科
:商学部
出身地
:大阪府

仕事について

仕事内容:良いモノをより安くタイムリーに調達する

グローバル化が進む中、国内だけではなく海外も含めたグローバル調達発注戦略の確立やサプライチェーン(供給網)の構築、コストスタンダードの充実化によりどの地域が最も競争力があり、どの地域から購入することが最適調達かを日々念頭に置きながら仕事を推進しています。
年2回の発注会議では、仕入れ先ごと、品種ごとに中長期の調達方針を立て、原価低減活動計画などの取り組み内容を具体化しています。
グローバル調達発注戦略として、災害時などのリスクマネージメントや為替変動による差損等、外部環境に左右されない調達基盤を確立すべく、現地調達やマルチソーシングの推進、取り組みをしています。

やりがい:新規プロジェクトの量産および原価企画目標達成

入社2年目のことですが、新規プロジェクトの受注が確定した際に、各部門からプロジェクトリーダーが選任されましたが、当時の調達部のリーダーとして選任されました。
調達部の取り組み内容は、客先の車両量産までの生産準備計画に基づき、仕入れ先の生産準備状況の管理、原価企画活動を通じプロジェクトの採算性向上がメインとなっていました。
設計変更の提案や仕入れ先の造り方改善などにより、初めてのプロジェクトリーダーとして原価企画目標を達成し、利益を確保し量産を向かえることができました。

失敗から学んだこと:価格と原価の違い

調達改善は会社利益に直結しており、購入価格が安くなれば自社利益につながりますが、仕入れ先にとっては売価が安くなるということで、利益の悪化要因となり、経営不振に陥ってしまう可能性もあります。
単に購入価格を安くするのではなく、仕入れ先での製造工程や設計図面での困り事や提案を吸い上げ、共同して原価低減活動を推進していくことが大事であると学びました。

今後の夢:環境の変化に動じない、スピーディーかつ的確な調達マン

近年、外部環境の変化が著しく起きています。リーマンショックや大震災、急激な円高など今までの考え方・やり方では通用しない、とその都度大きな変化に対応してきました。
過去の反省と取り組んできた内容から、環境の大きな変化とそのスピードに対応する順応力を身に付けていくのはもちろんの事、その先を見越し、その変化に動じない調達マンに成長したいと思います。
そのためにもさまざまな情報をいち早く入手し、お客様のニーズと取り組むべき内容のベクトルが合致するよう経験を積んでいきたいと思います。

会社について

ジェイテクトの魅力:将来性のある発展途上の会社

リーマンショック以降、事業採算は大きく揺れ、国内シェアの確保およびさらなるシェア拡大に向け、大きな改善・改革に取り組んできました。入社当初とは比較しようのないほどの進化、成長を遂げておりますが、まだまだ改善すべき点や多くの課題が残っています。
常に先を見据えたビジネスプランや社員一人ひとりの高い志によって、今後もまだまだ成長していく可能性があると感じています。

入社の決め手:働く先輩社員のモチベーションと今後の将来性

製造業の中でもグローバルに多数の生産拠点を保有し、高い技術力・品質力・製品力でお客様の信頼を得続けているからこそ、ステアリングでは世界シェアNo.1を築いていったのだと感じました。
また入社前の先輩社員との面談で、仕事にやりがいを感じ、誇りを持ち、その姿や言葉に会社の顔を感じ、入社を決めました。

オフのすごし方

休日のほとんどは家族と過ごしており、買い物に出掛けたり、子どもと公園でキャッチボールやサッカーをしたりしています。月に一度は友人たちと結成したチームで草野球をしています。
毎年連休には旅行を兼ねて妻の実家の東京へ行ったり、家族と友人たちと泊まりの旅行へ行ったりしています。

就職活動中の皆さんへ

就職活動を通じ、たくさんの方からいろいろなお話を聞き、またさまざまな経験をされ、今以上に人間性を磨くチャンスかと思います。自分の成長のチャンスと思い、納得の行くまでとことん頑張ってください。
努力、苦労されたことは今後の人生で決して無駄にはならないはずです。

pagetop