いまだ世にない製品をつくり、
世界の人に幸せを届けたい

津田 拓也Takuya Tsuda

2011年 入社

職種
:研究開発
所属部署
:第2駆動技術部 トルセン技術室 実験グループ
出身学部・学科
:工学部 機械知能航空工学科/工学研究科 機械システムデザイン工学専攻
出身地
:岩手県

仕事について

仕事内容:自分の知識を活かして、環境にやさしい製品を開発、評価

現在は高性能車向け駆動部品の研究開発に携わっており、主に評価を担当しています。自動車部品の開発には特に燃費を向上する小型・軽量化のニーズが高まっています。
私が開発している製品のコア技術は摩擦特性を利用したトルク制御機構であるため、大学で勉強した摩擦や摩耗、振動の知識が「小型化により低下してしまう耐久性をどうクリアするか」、「車をもっと静かにするにはどうすればいいか」を解決するうえで、とても役立っています。 もちろん自分が知識不足だと思うことも多々ありますが、専門分野という自分の強みを持つことで、他人が今まで行ったことのない独自のアプローチで開発を行っています。

やりがい:苦労して開発した製品が、世界の人に認めてもらえること

今まで開発したものは、温度によるトルク伝達のバラツキを抑制した車両軽量化に寄与する4WD用トルク伝達装置や、耐焼付き性を向上させることで小型・高容量化を達成した差動制限装置などがありますが、どれも誰もトライしたことがなく、成功するかどうかわからないプロジェクトでした。
評価の段階では、実際に試験をしても求めている性能に届かず、不安をかかえながら試行錯誤を繰り返す日々を送っていたので、試験が終わり目標をクリアした瞬間は、うれしくてたまりませんでした。
また、その製品を実際に社内外の試乗会などで関係者に運転していただき、その出来を褒められたときは、今までの苦労がすべて報われ、次のチャレンジへの勇気にもなって、とてもやりがいを感じます。

失敗から学んだこと:自分の周囲にいる人の大切さ

仕事がうまくいかない、また業務量に対して非常にタイトなスケジュールに困っていたとき、周囲の人が必ず手を差し伸べ、助けてくれました。
特に開発の見通しが立たず不安でしょうがない時、周りの励ましや相談にのっていただいたことにはとても感謝しており、自分一人では挫折していたとものと思います。
最近は自分も人の助けになりたいと思うことが多くなり、そんな気持ちにさせてくれるこの職場の雰囲気が大好きです。

今後の夢:世界に通用する一流のエンジニアに

ジェイテクトの多くの人が、世に論文や技術冊子を世に送り出しており、日本にとどまらず技術に関する質問が多く寄せられています。
そのような中で、私も自分が訪れたことのないような名前も何も知らない国の方から名指しで自分を指名され質問される、世界中のひとから知識を求められるような人物を目指しています。
また、今まで以上により良い車を作るために、高度なドライビングテクニックを身につけ、一流のテストドライバーと同じレベルで開発製品の良さを感じることができるようになりたいです。

会社について

ジェイテクトの魅力:世界の自動車メーカーの車を開発ができること

ジェイテクトのトルセンデフをはじめとする駆動部品やステアリングは、世界中の自動車メーカーに採用されています。メーカーにより求められる性能には特徴があり、それぞれの特色を感じながら世界的視野で仕事に携わることができます。世界に多数ある拠点の人たちとのやり取りを通しても、自分の仕事が世界で役に立っていることを感じられます。
私は、この自分の能力を世界的な規模で試せる可能性を持っているところに魅力を感じています。

入社の決め手:目指したいと思える人がいたから

世界シェアを持つ開発に携わることができるということも魅力の一つですが、一番の決め手は職場の雰囲気、人柄がとても良い会社だと思えたからです。
私は就職活動の際に、ジェイテクトの工場や開発現場の見学会に参加したことがあるのですが、その時の笑いを交えて意見交換を行う職場がとても魅力的でした。また、人柄に関しても自分が目標にしたいと思える人を、見学会で見つけることができたことです。
上を目指す向上心に触れることで、自分ももっと上を目指したいと思い、研究の進め方への見解が素晴らしいと思えました。今ではその方に指導されつつ、私も笑顔で仕事をしています。

オフのすごし方

休日の大半は、友人等と買い物や遊園地などの娯楽施設に出掛けたりして過ごしていますが、社会人になって変わったと思えることが、交友関係が広くなったことです。
東北から関東、中部、関西まで足をのばし、ちょっとしたきっかけで知り合った現地の友人とスノボーや飲み会、お食事会等遊びに行っています。

就職活動中の皆さんへ

皆さんの人生で選択を迫られた結果、現実とイメージが違うという体験をしたことがある人は少なくないものと思います。その中で自分がしたことに後悔を持たないようにするためには、自分が納得できるよう選択の理由を見つけることが大切だと私は思います。
限られた時間の中で学業と就活を両立することは非常に難しいことだと思いますが、最後まで学生生活を頑張ってください。

pagetop