ハブベアリングを通じて
車の燃費/信頼性向上に貢献する

揚田 祐Yu Agarita

2013年 入社

職種
:設計
所属部署
:中部テクニカルセンター シャシー技術室
出身学部・学科
:理工学部 機械工学科
出身地
:埼玉県

仕事について

仕事内容:ハブベアリングの設計

自動車のタイヤを支えるハブベアリングという部品の設計業務に携わっています。
ハブベアリングは自動車の車重を受けながら、タイヤをスムーズに回転させる役割を持っています。人の命にかかわる部品なので、非常に信頼性が必要とされています。
ハブベアリングが使用される荷重条件、使用環境に必要な強度、性能を満足する製品仕様をFEM解析や机上検討を行い設計し、試作評価で検証を行っています。

やりがい:狙った通りの性能が得られた時の達成感

ハブベアリングの強度、軽量化、耐泥水性など、さまざまな性能を満足し、かつ、工場での作りやすさ、コストなどの制約の中で、最適な設計をすることは大変ですが、自分の設計したハブベアリングが実際に試作され、評価で狙った通りの性能が得られた時は、とても達成感を得ました。
また、来年には自分が設計したハブベアリングを搭載した自動車が市場に出るので、それを楽しみにしています。

失敗から学んだこと:毎日の業務管理の大切さを痛感

私は計画を立てるのが苦手で、約束の納期に対して間に合わず、お客様の検討スケジュールを遅らせてしまった失敗をした事があります。この失敗から、余計なやり戻し作業や漏れが発生しないよう、日々やるべき事を整理、確認するようにしています。
上司や先輩に業務の進捗状況を報告する事や、分からない事は放置せずに相談する事の大切さに気付かされました。

今後の夢:自分の設計した製品が世界で活躍できるようにしていきたいです

多くの知識と技術を身に付けて、何をどうすれば良い製品ができるのかを自分で考え、先輩方のように業務を進められるようになりたいです。また、自動車の構造や市場での使われ方を理解し、お客様の想いも感じ取って設計した製品が世界で活躍できるようにしていきたいです。

会社について

ジェイテクトの魅力:教育制度が充実しています

教育制度が充実しています。例えば、先輩社員が講師となった、技術者向けの技術講座が受講できます。加えてジェイテクトは軸受だけでなく、自動車部品、工作機械、と幅広い分野で事業を展開しているため、自分の専門分野外についても、学ぶ事ができる機会があります。
また、入社1年目は配属先の年齢の近い先輩社員がブラザーやシスターと呼ばれる指導員となり、サポートをする制度があります。そのため、相談しやすいブラザーやシスターと業務に取り込むことでスキルアップが図れます。

入社の決め手:世界中の人に使ってもらえる『ものづくり』ができる

大学では機械工学を専攻し、自分が学んだことを活かせる仕事がしたいと思っていました。そんな時、大学の講義や教科書に載っていた軸受に興味を持ち、ジェイテクトの説明会に参加しました。
ジェイテクトの軸受は自動車、鉄道、航空機など、さまざまな産業製品に組み込まれてグローバルで活躍している事を知りました。世界中の人に使ってもらえる『ものづくり』がしたいと思い入社しました。

オフのすごし方

現在は、寮で一人暮らしをしています。同じ寮には同期や先輩が住んでいるので、週末は同期や先輩と食事をしたり、飲みに行ったりしています。困った時には助け合い、相談できる同期や先輩は心強い存在です。また、春、夏、年末年始の長期休暇には、伊勢や京都へ旅行に行きました。

就職活動中の皆さんへ

新卒での就職活動は一度きりなので楽しんでください。さまざまな企業があるので、積極的に企業に足を運び、自分の目で見て、話を聞いて、雰囲気を感じてください。
ジェイテクトは活気にあふれ、上司や先輩に気軽に相談できる雰囲気がある会社です。ぜひ、候補に入れてみてください。

pagetop