欧州のニーズをとらえ、
付加価値あるベアリングを提供する

久保山 勇泰Yuta Kuboyama

2009年 入社

職種
:設計
所属部署
:JTEKT EUROPE BEARINGS B.V. テクニカルセンター
(ドイツ/ ミュンヘン)
出身学部・学科
:工学部 応用化学科
出身地
:兵庫県

仕事について

仕事内容:欧州向けホイール用軸受(ハブユニット)の設計

現法からの検討、設計依頼に基づき、それぞれの顧客要求を満足するホイール用軸受を設計しています。欧州は世界的に有名な軸受メーカーが多くあり、競争率の高い中、いかにして他社と差別化を図り当社の技術を提供していくのかが重要になります。
客先が要求している真の意図を引き出して、一歩二歩先の回答ができるよう現法とは常に連携を図り、情報のやり取りをしています。

やりがい:困難を乗り越えた後の達成感

日本では所属課で一番下っ端だったのが、海外現法へ赴任後に初めてローカルスタッフの部下を持ちました。相談を受けても自分の乏しい経験値では判断できないことがあったため、上司や元部署の人から頂いたアドバイスを基にスタッフとコミュニケーションを通して解決策を模索していきました。
スタッフと仕事をやり終えた後の充実感と達成感が感じられるようになりました。

失敗から学んだこと:コミュニケーション

言葉の壁は相当大きかったです。英語レベルが低いまま赴任したため、現地スタッフと会話がままならず、また、メールを受信しても英語では全く内容が把握できず、メールチェックだけで一日の大半を費やしていました。
現地スタッフはより詳細を伝えようと長文で送ってくるのですが、より一層読解を困難にさせて結局意図がつかめない、といった事が多々ありました。

今後の夢:広い視野で状況判断ができる、軸受設計のスペシャリスト

業務の幅が広がるため、いろいろな事を経験できます。若手のうちからこのような経験ができるのは貴重なため、ぜひとも吸収して国際感覚を身に付け、グローバルな視野で物事を臨機応変に判断できるようにしていきたいと思います。
また、ドイツにいるので赴任中にある程度のドイツ語ができるようになりたいと考えています。

会社について

ジェイテクトの魅力:チャレンジ精神の社風

当社は若手のうちからどんどん経験を積めるよう、大きな仕事を任されます。もちろん大変ではありますが、プロジェクトを動かすために必要な事をOJTを通じて学べるため、若手が育ちやすい事。
ジェイテクトが世界に誇る技術力を有しているのもこうした社風からだと思います。

入社の決め手:自身の成長が期待できるハイレベルの技術力、アグレッシブな仕事スタイル

私の大学の卒業生が多く在籍しており、高度な技術力を持っているジェイテクトに魅力を感じました。
社員の意見を反映し、配属の希望を聞いてもらえ、大学の先輩方も自身の仕事にやりがいを感じていたため、自分も同じように成長していけると感じたためです。

オフのすごし方

オフの際はせっかくの欧州を満喫したいので、各地に旅行に行きます。ユーロ圏だと国境を車で簡単に越えることができるので、近隣国でリフレッシュしています。
道が整備されていて渋滞も日本ほどは無いので、長時間の運転でも景色を楽しみながらドライブしています。
特にイタリアは個人的に好きなので度々訪れています。

就職活動中の皆さんへ

一度説明会などに足を運んでいただいて、当社の社風などを肌で感じていただければと思います。本人が希望すればいろいろな事に挑戦できるため、皆伸び伸びと仕事しており、それは離職率の低さからも証明されていると思います。

pagetop