ジェイテクトのCSR

CSR推進

全社各部門におけるCSR活動の実践

ジェイテクトでは、CSR活動を企業活動そのものと捉え、全社それぞれの部門において年度実施計画を作成しています。その上で方針管理に基づく月次のマネジメントにより、PDCAサイクル(※1)を回しています。このような目標達成に向けた仕組みにより、会社方針、事業・機能の方針を具体的な取り組みに落とし込み、着実にCSR活動を推進しています。 ※1 PDCAサイクル 計画(Plan)、実行(Do)、評価(Check)、改善(Action)を繰り返すことで継続的に業務改善していく管理手法。

各種専門ワーキンググループ

重要なテーマであるコンプライアンス、貿易管理、機密管理、社会貢献については、専門ワーキンググループを設けて、活動計画をそれぞれに立案・推進しています。

企業価値向上の議論を開始

ジェイテクトでは、2009年2月より社長が委員長を務める「CSR推進委員会」において、定期的にCSR活動の推進状況を点検してきました。一方で昨今、社会においては企業の持続的な価値創造が重視され、ステークホルダーの関心も年々、高まりつつあります。
ジェイテクトにとっても、「社会の信頼に応え、モノづくりを通じて、人々の幸福と豊かな社会づくりに貢献します」という企業理念の実現に向けて、CSR活動を通じていかに企業価値を向上させていくかが重要になっています。そのため2017年3月より「CSR推進委員会」の名称を「企業価値向上委員会」へと変更し、従来のCSR活動の範囲を超え、価値創造に向けての実践モデル(マネジメントモデルとエンゲージメントモデル)について議論を開始しました。

情報開示委員会を設立

ジェイテクトは、法令に基づく情報開示を適正に行っています。2016年8月には、経営管理本部の関係役員および関係部署長で構成される「情報開示委員会」を設立。コーポレート・ガバナンスを実現するために必要な情報は、情報開示委員会で事実確認を行い、適時・適切なルートを通じ、積極的に開示しています。
これらの情報に加え、統合報告書であるジェイテクトレポートを通じてESG(※2)情報の開示も行うことで企業活動の透明性を高め、社会から信頼される企業としての基盤を強化しています。 ※2 ESG Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の頭文字。企業が事業活動を展開するにあたり、企業責任として配慮が求められる項目。