TOP > CSR > ジェイテクトのCSR > リスクマネジメント

ジェイテクトのCSR

リスクマネジメント

ファンダメンタルズ(企業基盤)を維持、強化しつつ、経営環境の変化に迅速に対応し、企業価値を持続的に向上させるために、ジェイテクトグループ全体の重要なリスクを把握、評価し、適切な対策を推進するリスクマネジメント推進体制の充実を図っています。

推進体制

全社横断的な組織である企業価値向上委員会において、事業活動や社会・環境に影響をおよぼす可能性のあるリスクについて、外部環境も踏まえて定期的に見直しを行っています。各ワーキンググループやリスク管理部署では、同委員会で決定・合意された内容に則してリスク発現の予防・低減のための対応計画を策定し、各施策を推進しています。
2016年度は、ジェイテクトおよびグループ会社に影響をおよぼす可能性のある事象をタイムリーに把握し対応するための体制再構築に着手しました。コーポレート・ガバナンス、コンプライアンスに関わる活動と融合させ、より効果的かつ効率的な活動とし、未然防止に重点を置いたグローバルリスクコントロールを目指します。

ジェイテクトが取り組むさまざまなリスク対応の中でも、事業活動の継続に特に大きな影響を与える大規模災害については、2015年度に取締役社長を議長とする大規模災害対策推進会議を設立しています。 同年に定めたジェイテクトグループBCP(※)基本方針のもと、従業員の安否確認や避難訓練、地域の被災リスクを想定した各家庭での減災啓発、商品供給の早期復旧に向けた準備など、ソフト・ハードの両面の対策を推進しています。

BCP 事業継続計画(Business Continuity Plan)の略。

各部門でのリスク視点を強化

各部門が自律的にリスクに対処するため、2013年度より、部門単位で策定する年度実施計画の作成時において計画推進を阻害する可能性のあるリスクを洗い出しています。さらに、計画に発現時の対応を織り込むことで、各部門でのリスク発現への予防・対策を推進しています。