TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2017年

一覧 RSS

News Release

平成29年08月21日

CBNクランクシャフト研削盤「GF50M」シリーズを開発、販売開始

株式会社ジェイテクトは、自動車などのクランクシャフト加工において、高精度加工、高生産性、高いフレキシブル性を実現するCBNクランクシャフト研削盤「GF50M」シリーズを開発し、8月21日より販売開始します。

※クランクシャフト:エンジン構成部品の一つ。ピストンの往復運動を回転力に変える部品。


機械外観

1.開発背景

 

現在、日本をはじめ米国、欧州、中国など緩やかな景気回復基調の中、当社の主要顧客の一つである自動車メーカーは製品のより安定した品質やコスト低減などを追求しています。そして設備メーカーへは、より安定した加工精度、高い生産性、高いフレキシブル性を可能とする設備が求められています。現在カムシャフト、クランクシャフト研削盤でグローバルシェアNo1の当社は、それら強い要望にお応えするため、クランクシャフトの量産加工に最適なCBNクランクシャフト研削盤「GF50M」シリーズを2機種開発しました。(GF50MS-70T:といし台トラバースV平スライド仕様、GF50MH-70T:といし台トラバース静圧スライド仕様)

2.主な特長(GF50Mシリーズ)

 

1)安定した加工精度

①C-X同時2軸制御研削方式
クランクシャフトのジャーナル中心回転とといし台送りを同時2軸制御することにより、回転するピン部にといし台を追従させピン円筒部を創成研削します。

C-X同時2軸制御研削方式

②正確なといし径管理による真円度向上
タッチセンサを用いた測定システムでツルーイング毎にといし径を正確に測定し、その測定値をC-X研削時に反映させることにより真円度向上を実現します。また、といし径が正しく計測されるためCBNといしを確実に最小径まで使用することができます。
※ツルーイング:といしの振れ取りや形直し



2)生産性の向上

①左右といしの接近性向上による加工段数削減【新機能】
最接近距離を従来の50mmから18mmに短縮したことで、隣接したピン部とジャーナル部の同時加工が可能となりました。これにより加工段数を削減しサイクルタイム短縮を実現します。

左右といしの接近性向上による加工段数削減

②ピン位相割出しシステムによる段取り替えレス【新機能】
タッチセンサを用いたピン位相割出しシステムで、ピン径、ピンストロークの異なる多種工作物に自動で対応するため、ピン位相決めの段取り替えが不要です。


③といし台トラバース送りの高速化(GF50MH-70Tのみ:【新機能】)
早送り速度を従来の20m/minから40m/minに高速化することで、といし台割出し時間を短縮します。



3)操作性、保守性、信頼性の向上
新型HMI「TOYOPUC-Touch」を標準搭載 【新機能】
スマートフォン感覚の操作性、一括情報表示や設備状態の見える化などお客様の作業をサポートします。


3.機械仕様

 
機械仕様

4.販売目標

 

20台/年 (シリーズ合計)

当社は今後も、研削盤のトップメーカーとして高精度、高生産性、高信頼性など付加価値の高い設備をご提供し、世界中のモノづくりに貢献して参ります。