TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2017年

一覧 RSS

News Release

平成29年11月29日

鉄鋼圧延機向けドライブシャフトの性能改善
〜オイルシールの密封性を高め、寿命向上に貢献〜

株式会社ジェイテクト(以下ジェイテクト)は、従来よりも密封性を高めた、より高性能の「鉄鋼圧延機向けドライブシャフト用オイルシール」を開発し、ドライブシャフトの性能を改善いたしました。
 鉄鋼設備は、高温かつ水やスケール(高温の鉄を加工する際に生じる酸化鉄の被膜)にさらされる、非常に過酷な環境で稼働します。そして、圧延機に動力を伝えるドライブシャフトの主要部品であるクロスベアリングに使用するオイルシールには、過酷な環境に対応する高い密封性能が求められます。
 本開発品は、材質と形状を変更することで、密封性を高め、オイルシールやクロスベアリングの寿命向上、そして、お客様のメンテナンスコスト削減に貢献いたします。

製品イメージ

<製品イメージ>


1.開発の狙い

 
開発の狙い


2.特長

 

(1)材質変更

・圧延水、高温(90℃)環境下での永久伸びを従来比50%低減(密封性能向上)

永久伸びの確認



(2)形状変更

・サイドリップシールスラスト接触からラジアル接触に変更することで、軸方向揺動に対する密封性を向上

・耐久試験において軸受内部に水浸入なし

・リップ緊迫力の低下を従来比80%低減
※緊迫力:オイルシールが軸を締め付ける力

リップ緊迫力変化の確認

⇒これらにより、オイルシール、クロスベアリングの寿命向上

・潤滑性悪化によるクロスベアリングの突発的損傷を抑制

・お客様のメンテナンスコスト削減、生産性向上に貢献


3.販売計画

 


【量産開始】 2018年度
【販売目標】 300,000千円/年
       (本開発品採用のドライブシャフト及びクロスベアリング)
【販売先】  国内外の鉄鋼メーカー


4.製造工場

 

光洋機械工業株式会社(ドライブシャフト)
光洋シーリングテクノ株式会社(オイルシール)
※ともに当社グループ会社

ジェイテクトは、軸受事業のブランド「Koyo」に新たにタグライン「Key of your operation」を設定し、お客様とともに課題を解決し、嬉しさを提供するパートナーとして鉄鋼メーカーをはじめ、あらゆる産業に貢献してまいります。