TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年

一覧 RSS

News Release

平成30年04月02日

株式会社ジェイテクト2018年度入社式を実施

株式会社ジェイテクトは4月2日、軸受事業本部ビル(大阪府柏原市)において、入社式を行いました。
取締役社長 安形哲夫の入社式での挨拶(要旨)を下記の通り紹介いたします。

挨拶要旨

 

本日、晴れて社会人として、第一歩を踏み出された皆さんを、ここにお迎えできましたことを大変うれしく思います。そして、若さと活力に満ち溢れた皆さんの今後の活躍を期待し、全社をあげて歓迎いたします。
皆さんの入社にあたり、これから2点お話をさせていただきます。


1.ジェイテクトについて
まず、ジェイテクトの企業理念は、「社会の信頼に応え、モノづくりを通じて、人々の幸福と、豊かな社会づくりに貢献する」こととしています。

この企業理念実現のために、全世界、4万9千人のジェイテクトグループ全社員が共有する指針として、「JTEKT GROUP VISION」を掲げています。この「JTEKT GROUP VISION」には、これまで生み出してきた、ナンバーワン、そしてオンリーワンの技術・商品に誇りを持ち、さらにその技術・商品に磨きをかけ、お客様が真に求めている商品・サービスを提供することで、世の中に貢献し、成長していきたいという決意を表しています。

ジェイテクトは光洋精工と豊田工機が2006年に合併してできた「歴史ある若い会社」です。先人から受け継がれた技術や経験とともに、挑戦する力や立ち向かう勇気も持っています。
ステアリング、駆動、軸受、工作機械の4事業を基盤とし、新たに、パワーアシストスーツ、リチウムイオンキャパシタを開発し、世の中に送り出そうとしています。また、車の自動運転・EV化に対しても、世の中のニーズを先取りした商品を生み出しています。
歴史だけでもなく、若さだけでもなく、両者を合わせ持つことで、ジェイテクトにしかつくれない、より良い未来をお客様に提供したいと考えています。



2.新入社員の皆さんに期待すること
まず一つ目は当事者意識を持つということです。
目の前で起きている問題を、自分事として捉えてください。目の前で起きた問題に対して、「自分の仕事ではないから関係ない」とか、「あの人の仕事だから関係ない」ではなく、「これは自分の仕事」、「自分がやるんだ」という気概をもって取り組んでいただきたいと思います。みなさんが当事者意識を持って仕事に取り組めば、会社が成長するだけでなく、みなさん自身にも大きな成長が待っています。

次に物事の本質をつかむということです。
これからみなさんが仕事をする中で、難しい問題に直面したり、上手くいかないことがたくさん出てくると思います。このような問題の本質を突き詰めるまで、「なぜ、なぜ」を繰り返すことが大事です。また、物事の本質をつかむためには、「現地現物」も忘れないでください。現地に行き、現物を見ることで、どんな問題が起きているのかが分かるはずです。問題が分かったら、その問題を解決するために、みなさんのその若さと活力で、失敗を恐れず、果敢にアタックしてください。

3つ目はどんな環境でも積極的にチャレンジしてほしいということです。
何事も無駄になる経験はありません。自分の可能性を限定せず、目の前の仕事に熱意を持って挑戦してください。ジェイテクトのビジネス環境は、全てがグローバル、地球規模であり、またスピーディーで変化に富んでいます。どんな環境であってもチャレンジすることを止めないでください。



最後になりますが、皆さんの入社を心から祝福し、歓迎の挨拶といたします。