TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

2020年

一覧 RSS

News Release

2020年06月29日

鉄鋼設備用オイルエア潤滑システムの開発

~鉄鋼設備の環境改善に貢献~

株式会社ジェイテクト(以下ジェイテクト)は、鉄鋼設備の環境改善に寄与する為、軸受の潤滑手段をオイルミスト潤滑からオイルエア潤滑への置換えを推進してきました。
 この度、10分配レベルのオイルエア多岐分配システムを開発したことにより、日本センヂミア株式会社製Z-highミルサイドサポート軸受に適応するオイルエア潤滑システムへの適用が可能となりました。
 ジェイテクトは、鉄鋼業界において、今回開発した多岐分配システムを含めた軸受、オイルシールなどの総合システムサプライヤーとして、お客様の安定操業に貢献します。

図1 オイルエアディストリビューターユニット(新規開発品)

図1 オイルエアディストリビューターユニット(新規開発品)


1.開発の背景

 

近年の欧州を中心とした鉄鋼設備の環境改善に対する需要の高まりを受け、軸受の潤滑システムもオイルミストシステムから、より環境にやさしいオイルエア潤滑システムへの移行に関心が高まっています。
 オイルエア潤滑は、油滴状のオイルを高圧の空気による摩擦で軸受内部に搬送するため、余剰オイルの空気中への排出が少なく、また他の方法と比べるとオイル消費量を最小限に抑えることが出来るため、作業環境の改善と、オイル使用量の削減による環境負荷の低減が実現します。

図2 オイルエアの原理

図2 オイルエアの原理


ジェイテクトでは、1990年からオイルエア潤滑技術の開発に着手しており、様々な技術課題に取り組んできました。
 今回、特に需要のある日本センヂミア株式会社製Z-highミルサイドサポート軸受のオイルエア潤滑化に取り組み、小径軸の中で多岐に分配システムを開発しました。

図3 挿入イメージ

図3 挿入イメージ


2.開発品の特長

 

①過酷な環境下での摩耗・損傷を大幅に改善

・軸受内の正圧化による高い密封性確保

・高粘度油、極圧油の適用による高い潤滑性能


②設備保全の改善

・最少油量での潤滑による運転コスト改善

・オイル回収が可能(設備周辺環境改善)


③容易な適用性

・小径配管による容易な配管摂設計

・少数給油から多点給油まで幅広いシステム設計


3.販売計画

 

【販売開始】 2020年12月

【売上目標】 40,000千円/年

【販売先】  日本国内鉄鋼メーカー、設備メーカー


ジェイテクトは、軸受事業のブランド「Koyo」において、「Key of your operation」を掲げ、お客様とともに課題を解決し、嬉しさを提供するパートナーとして、様々な環境に適応する軸受を提供し、あらゆる産業に貢献してまいります。