TOP > ニュース > ニュースリリース

ニュースリリース

一覧 RSS

News Release

2022年08月03日

JTEKTブランド小型円筒研削盤 高品質機種の販売開始
~価格を削れ、品質は削るな。~

株式会社ジェイテクト(本社:愛知県刈谷市、社長:佐藤和弘、以下「ジェイテクト」)は、円筒研削盤をリニューアルしJTEKTブランドの小型円筒研削盤であるG1 Seriesを開発。4月1日に販売開始した高生産タイプ3機種に続き、高品質タイプであるType G/Lの2機種を8月3日に販売開始いたしました。

商品

開発コンセプト

 

すべてのお客様にジェイテクトの円筒研削盤を、もっと使いやすく、もっと身近にお求めやすくをコンセプトに、お客様だけの最適仕様を実現できる円筒研削盤を開発しました。

商品

「価格を削れ、品質は削るな。」をキーワードに、信頼の高いTOYODA研削盤の技術を受け継ぎ、機能を高めながらもお求めやすい良質廉価なジェイテクト円筒研削盤をご提供します。

今回は、誰でも簡単に熟練加工ができるType Gと究極の高品質を実現するType Lの2機種を販売します。勘コツいらずで使いこなしたい、サブミクロン加工をされたいといった治工具・一般機械をはじめ様々な産業界のお客様に最適な機種となっています。

これにより、JTEKTブランドの小型円筒研削盤は、高生産から高品質まで用途に応じて選べる全5機種がラインアップされました。

G1 Series共通の特長

 

・抜群の品質!

「変形」「熱変位」「振動」といった抑え込むべき3要素を極限まで低減します。「変形」と「熱変位」の複合解析で機械構造の最適解を反映した設計を行い、「低振動」を実現する信頼の「TOYODA STAT BEARING®」を搭載することで、いつでも狙った加工精度を思うがままに実現します。

Type G/Lの特長

 

・こだわりの操作性!

プログラム作成時間の短縮や単品加工の効率向上に寄与する、初めてでも迷わずできるらくらく操作、および世界No.1ステアリングメーカーの技術が詰まった、匠も惚れ込む手感のステアバイワイヤハンドルによる切込みやテーブルトラバース操作といった、ビギナーにもベテランにもご満足いただける充実した機能を搭載しています。


・さらなる高精度!

Type Lについては、徹底的な熱マネジメントで熱伝導を遮断し、暖気運転ゼロを達成。また、リニアスケールを搭載することで微細切込みを可能とします。さらには、独自検知システムで加工前にといし先端位置を把握し、一発で狙った加工精度を実現。安定した加工精度維持で寸法ばらつき従来比1/2にするなど究極の高品質を実現します。

販売開始機種

 

CNC円筒研削盤 G1 Series Type G/L (G=General、L=Luxury)

販売開始時期

 

2022年8月3日

販売定価(税抜き)

 

Type G : \ 8,800,000- ~

Type L : \14,500,000- ~

ご参考

 

2月28日プレスリリース「JTEKTブランド円筒研削盤の開発 第1弾~価格を削れ、品質は削るな。~」

https://www.jtekt.co.jp/news/2022/220228.html

今回の開発品を通じて貢献可能なSDGsの目標

 

SDGs

7.3 2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

9.4 2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。

12.5 2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。