仕事を友達と見なし、
常に笑顔で対応する

馬 貴生Ba Kisei

2012年 入社

職種
:事業管理
所属部署
:事業統括部事業管理室中国アジアG
出身学部・学科
:総合人間科学研究科 人間環境科学科
出身地
:中国河北省

仕事について

仕事内容:海外現地法人(以下現法)の事業管理及び運営支援

事業を統括する部門として、現法の事業管理および運営支援の仕事を行います。私の担当地域は中国(台湾)となり、主に現法の株主総会・取締役会の運営支援、各現法との既存契約の更新・改訂と新規契約の締結、月次決算の分析、課題のトップマネジメントへの報告・提言をしておりますが、個別戦略プロジェクトに関する各部署との調整・推進や現法研修受け入れ窓口の仕事もしております。
いわゆる社内と現法間の窓口の仕事をしております。

やりがい:合弁相手と契約が締結できた時

私が担当している現法の大半が合弁会社であり、社内で日本人のやり方がなかなかうまくいかないことが多いです。
特に契約関係について、最初のドラフト案を作成してから、締結するまで時間だけでなく、多大な労力をかけるのはよくあります。
でも、いろいろ苦労して、協力部署と調整しながら、何回も先方と交渉し、最終的に契約が締結できた時、本当に良かったと思いました。
例えば、ある技術援助契約の交渉が3年もかかって、やっと締結できた時、「これこそ、やりがいがある、よくやったな」と感じました。

失敗から学んだこと:文化・商習慣の違いで、一方の当たり前のことが他方では当たり前なことではない

日本と中国は近隣といいながら、それぞれの文化・商習慣が異なるため、一方で当たり前のことが必ずしも他方にとって当たり前のことではありません。
日本語を勉強して、日本にいる中国人の私は、ある程度両国の文化や商習慣が分かりますが、すべての中国人が同じ考えを持っているのではないかと思ってしまうこともあり、日本側の真意を吟味せず、言ったことをそのまま通訳してしまって、中国側に戸惑わせることが何回もありました。逆のパターンもあります。

今後の夢:自分の力で、少しでも日中両国がお互いにもっと理解しあうように貢献したい

これからのグローバル社会は、どの企業でもなんらかの形で必ず世界とつながっているため、社内で自分の特殊地位を活かし、日中両国がお互いにもっと理解しあるように努力していきたい。一人の力では確かにたいしたことではありませんが、少しでもいいので日常の業務を通して、貢献できたらいいなと思っています。

会社について

ジェイテクトの魅力:上司が部下を大切にしている

入社の始めごろ、業務にまだまだ未熟のため、あるプロジェクトの進め方がどのようにすればいいのかがまったく分かりませんでした。その時、上司から「自分で正しいと思えば、恐れなく、どんどん前に進んでください」と励ましの言葉をいただき、さらに「仮に間違ったとしても、おれが怒られる役だから、心配しなくてもいいよ」と言っていただきました。
当時の私は本当に感動し、きっとこのようなすばらしい上司がほかの部署にも必ずいて、いい会社だなとずっと思っています。

入社の決め手:真のグローバル企業で、将来性と発展性が優れている

トヨタグループの1社として、真のグローバルの企業で、世界一の技術力を持ちながら、各国に進出しています。私自身も中国から来ており、日中間の架け橋となる仕事に就きたいと思っていて、すぐジェイテクトの魅力に引き付けられました。
実際入社して以来、年間数回海外出張の経験を通して、さらに自分がやりがいのある職場であることを再確認しました。

オフのすごし方

私はハイキングと電車旅行が大好きです。学生時代から、長期休みになると、山登りのほか、よく青春18切符を利用して、あちこち旅行してきました。
西日本について、今まで沖縄、鹿児島、山口、愛媛以外、すべて行きました。青春18切符で全日本を回る目標がありましたが、実現していないまま、子供ができて、現在休日は、子供育てを全力で楽しんでいます。

就職活動中の皆さんへ

就職活動の皆さん、きっと大変でしょうが、あきらめず、自分の夢を持って、本当に就きたい仕事を一生懸命探せば、必ず見つかります。
大事なのは、会社の条件に妥協せず、自分のやりがいが実現できる会社を選んでください。自分の使命を明確にしながら、就職活動に頑張ってください。
ご縁があれば、来年お会いできることを楽しみにしています。

pagetop