実験を通じて精度の高い計測・解析を
行い、質の高い製品をお客様に届ける

香川 理香Rika Kagawa

2013年 入社

職種
:実験解析
所属部署
:第1実験開発部統括室管理グループ
出身学部・学科
:工学研究科 システムデザイン専攻
(学部:工学部 電子工学科)
出身地
:大阪府

仕事について

仕事内容:電動パワーステアリングの評価・解析

私の所属する第1実験解析部は、電動パワーステアリングの実験を行い、評価・解析を行う部署です。その中でも評価・解析を行う際に使用する設備や計測器などを管理するグループに属しています。

 所属メンバーが多く、設備や計測器などもたくさんあるので、個人での管理では行き届かない面もあります。そこで、評価・解析に関する全てのものをまとめて管理しています。
 現在はソフトウェアの知識を活かして、システム化・自動化に取り組んでいます。

やりがい:実車での異音評価

実験解析部では、ステアリング単体の試験のほかに、実車に搭載した状態での評価も行います。この場合はお客様(カーメーカー)のところで実験を行うこともあるため、お客様の生の意見を聞くこともでき、大変勉強になりました。
また、お客様目線で質の高い製品作りに携われていることを実感できました。

失敗から学んだこと:機械の専門用語がわからない

大学の専攻が電子系であり、機械の専門用語がほとんどわからないため、入社当初は会議などの話の内容を理解することができずに苦労しました。同じ言葉でも機械では少し違うニュアンスで使用することもあり、理解していたつもりが間違っていたこともありました。
ただし、ジェイテクトでは社内教育で基本的な技術教育を受けることができ、またOJT教育もしっかり行っていただいたので、徐々に慣れることができました。

今後の夢:音・振動のスペシャリストになる

ジェイテクトは特定の分野のスペシャリストを育てるというよりは、すべての分野で満遍なく技術を活かせるような人材を育てるといった教育方針であると感じます。
最終的には、すべての分野を網羅できるようになりたいですが、まずは自分の専門分野である音・振動について知識や経験を積み、異音問題については率先して動けるようなスペシャリストになりたいと考えています。

会社について

ジェイテクトの魅力:チームワークのよさ

主任をリーダーとしたチーム単位で業務を行う体制になっているので、業務分担もでき、効率的に仕事ができていると感じます。また、常にグループ長や主任が業務状況を気にかけてくれ、非常に働きやすい職場であると思います。若い社員でも発言できる環境はモチベーションアップにもつながります。

入社の決め手:日本が高い技術力を持つ自動車業界で働きたかった

さまざまな業界の中で、自動車業界が最も日本の誇れる技術を持っていると感じていたので、エンジニアとして成長していけると考えました。
また、ジェイテクトには友人が勤めており、いろいろ話を聞くうちにモノづくりに妥協しない会社であると感じたため、入社を決意しました。

オフのすごし方

仕事終わりに会社の先輩、後輩とボウリングや映画に行くなど、プライベートでも仲良くしています。また休日には、クロスバイクで奈良の観光スポットを巡り、身体を動かすようにしています。
有給休暇は月に一度取得することになっており、こまめにリフレッシュできるため、仕事も効率的に進められていると感じています。

就職活動中の皆さんへ

就職活動の上で必要なことは、自分の弱みは気にせず、強みを1つでもいいので見つけることだと思います。内定をいただいた企業の後日面談で、「弱みは入社してから伸ばせるので、強みを持っていることが大事」ということを教えていただきました。
その後、自信を持って強みをアピールし、本命の企業に臨んだ結果、内定をいただくことができました。皆さんも小さな強みでよいので、見つけてみてください。

pagetop