「競争力の高い、日本のステアリングシステムサプライヤーになる。」
この夢の実現のため、2006年に光洋精工と豊田工機が合併しジェイテクトは誕生した。ベアリング事業はKoyoブランドを、工作機械ブランドはTOYODAをそれぞれ冠し、成長を続けてきたジェイテクト。昨今話題となっている脱炭素社会の実現、生産設備の自動化、自動車の電動化などの、社会のニーズの高度化や多様化、新型コロナウイルス感染症や半導体供給停滞といった外部環境の問題を受ける中で「さらなる持続的な成長実現」を模索しはじめた。“ジェイテクトリボーン”のスタートである。
活動は多岐にわたり、刈谷市への本社機能、本店登録移転をはじめ、事業の壁を取り払ったギヤビジネス、アフターマーケット事業本部の立ち上げや、クロスセールス活動の開始。未来への成長を見据えDX推進室や、カーボンニュートラル戦略室の新設などを行った。
そんな中、ジェイテクトリボーンの総仕上げとして動き出したのが、2022年4月からのブランド統一だ。これまで事業ごとにKoyo、TOYODA、JTEKTを冠していたブランドをJTEKTに一本化。ブランドの垣根を超え社員一人ひとりが一丸となりすべてのお客様に貢献していくという、決意の表れである。このシナジーの実現で、グローバル企業としてのジェイテクトブランドの強化や、ステアリングを超える新規事業開発への新たな礎を築いていく。
豊かな社会、地球、そして、より良い未来に向かって、No.1&Only Oneを、One Teamで。人が何かを作り、生み出すことに終わりはない。ジェイテクトの情熱は続いていく。

取締役社長

佐藤社長メッセージ動画

60秒動画

30秒CM

15秒CM