topics

2017年度 主な取り組み

TOPICS 01

伊賀試験場自然共生の森で植樹活動を実施

ジェイテクトでは、三重森林管理署が推進している「国民参加の森林づくり」活動とジェイテクトが取り組む「環境チャレンジ2050」の取組指針の一つ「自然共生・生物多様性」の取り組みの合致が認められ伊賀試験場周辺の国有林(約25.4ヘクタール)を対象に2017年7月に「社会貢献の森」協定を締結しました。その一貫で「ジェイテクト伊賀試験場自然共生の森」として自然共生活動を推進しています。
2017年3月11日(土)、「ジェイテクト伊賀試験場自然共生の森」に200本のアカマツを植樹。ジェイテクト伊賀試験場および亀山工場の社員とその家族、総勢53名が参加しました。当地区のアカマツは松くい虫(マツノザイセンチュウ)の影響による立ち枯れが問題となっていました。協定を締結した国有林のうち約2,500㎡に、松くい虫に耐性のある抵抗性アカマツを植樹。傾斜面への植樹作業でしたが参加者は地元団体西山ふるさと保全会の3名の方から指導を受けながら、苗木を植える穴を掘り、植えた後に乾燥や鹿の食害防止のために苗木周辺をシートで保護などを行いました。既に植えている300本と合わせ合計500本のアカマツの植樹となりました。 参加者からは「活動を通じて自然共生活動を知ることができた。今後も参加したい。」との声もあり、協力いただいた西山ふるさと保全会の方からは「地元の者として、今後も協力していきたい。」との言葉をいただきました。

「ジェイテクト伊賀試験場自然共生の森」は、以下の3つを中心に活動を推進しています。

①森林道路整備(将来の遊歩道づくり)
②林野内の枯損木伐採処理と植樹
③参加型のイベント活動(ボランティア活動)

そして、協定を締結した約25.4ヘクタールを5区画に分け、①~③の活動を中心に毎年300本程度(1区画)のアカマツ苗の植樹を計画しています。
今後は、植樹したマツ苗生長のための笹刈りや継続した植樹活動、様々な参加型イベントを実施し、地域の方々や社員と共に当地区のアカマツ林復活を目指してまいります。

TOPICS 02

グローバル環境メッセージを作成しました。

all for one earth2
all for one earth1

投資家を中心に、「環境」「社会」「ガバナンス」の3要素で企業活動を評価する「ESG」が、重要な経営指標として注目されています。特に地球温暖化や資源枯渇などの環境課題に対しては、ジェイテクトグループ全員が一丸となって対応していかなければ、到底解決することは出来ません。このメッセージは、単なるスローガンや短期的なキャンペーンではなく、ジェイテクトの環境理念や環境方針を補うものとして、企業として取組むべき環境活動の方向性を示すとともに、人類の継続的な発展に向け、環境活動を通じて直接・間接的に社会に貢献するという想いを表したものです。

<All for One Earthに込めた想い>

「JTEKT GROUP VISION」に掲げる「No.1&Only One」と同じく、“One”にいくつかの意味を込めています。
まず「All for One」という想い。JTEKT GROUP一丸となって環境活動に取り組むという想いです。
ふたつめは「For One earth」という想い。私たちの手掛ける製品は、自動車関連をはじめ、広い分野で利用頂いている分、地球環境を左右する大きな力を持っていると考えます。この力でOne earth(かけがえのない地球)に貢献したいという想いです。
最後に環境活動においても「No.1&Only One」でありたいという想いです。

2017年度の取り組み報告(総括)

ジェイテクトでは「環境チャレンジ2050」達成に向けて、ジェイテクトグループと環境保全活動を推進するために、取り組み方針および具体的な目標を定めた「2020年環境行動計画」を策定し、ジェイテクトグループ全体で共有しています。2017年度の報告は以下です。
グローバルCO2排出量(原単位)
9.7% 改善
(2012年度比)
ジェイテクト単独
CO2排出量(原単位)
10.1% 改善
(2008年度比)
今後はパリ協定で合意された気温上昇を2℃未満に押さえるため、科学的根拠に基づいたCO2排出量目標の設定を進めます。「環境チャレンジ2050」の実現に向け、ライフサイクル全体で排出されるCO2極小化達成を目指します。
<2017年度活動実績>