TOP > サステナビリティ > ガバナンス > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

ジェイテクトは、企業の社会的責任を果たし、企業価値を持続的に向上させるため、コーポレート・ガバナンスの継続的な充実に取り組んでいます。

推進体制

ジェイテクトでは、取締役会を毎月開催し、経営上の意思決定を行うとともに、取締役の職務執行を監督しています。さらに、取締役会の監督機能を強化するため、2015年6月に2人の独立社外取締役を選任しました。また、取締役会の下部機構として常務会、経営会議、全社登録会議を設け、個別事項の審議の充実を図るとともに、執行役員の業務執行を監督しています。 経営を監視する仕組みとして、監査役会設置会社制度を採用し、社外監査役2人を含む4人の監査役が、取締役の職務執行を監査しています。
内部監査については、各業務執行とは独立したグローバル監査部により管理・手続きの妥当性、遵法性など業務全般の監査を行っています。監査役、会計監査人、グローバル監査部は、定期・随時に協議し、相互連携を図っています。
また、ジェイテクトでは、会社法、金融商品取引法が要求する内部統制の体制を整備・運用しています。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレートガバナンス体制

取締役会 16回開催 経営上の重要事項を決定するとともに、取締役の職務執行を監督する。
常務会 24回開催 取締役会を補完し、経営上の重要事項などを審議、基本方針を決定する。
経営会議 24回開催 取締役会を補完し、業務執行における方針の進捗を管理する。加えて、広く役員間で業務執行上の問題点・情報を共有する。
監査役(会) 15回開催 取締役の職務執行の監査、会計監査人の監査の方法・結果の相当性の確認を行う。
全社登録会議 - 取締役会・常務会・経営会議から権限を委譲され、業務執行の立場からの専門的かつ十分な審議を通じ方針・方向性を検討する。

社外役員

ジェイテクトは「取締役選任に関する方針」に基づき人格、識見に優れ、高い倫理観を有し、会社法の要件を満たし、「社外取締役の役割責務」を果たせる人物で、且つ、出身の各分野における実績と見識を有している人物を社外取締役として選任しています。
また、中立的・客観的視点での監査の実施という観点から、社外監査役を選任しています。以下に記載する実績と見識を有することも理由としています。

取締役・監査役の報酬

取締役の報酬は、月額と賞与により構成し、企業業績との連動性を確保して、職責や成果を反映した報酬体系としています。賞与は、各期の連結営業利益をベースとして、配当、従業員の賞与水準、他社の動向および中長期業績や過去の支給実績などを総合的に勘案の上、検討しています。具体的な案は代表取締役と社外取締役で構成する「役員報酬案策定会議」にて検討しています。
監査役の報酬は、月額のみとし、賞与の支給はありません。企業業績に左右されにくい報酬体系とすることで、経営に対する独立性を担保しています。
なお、役員報酬などの月額報酬については、2012年6月27日開催の株主総会の決議により定められた報酬総額の上限額範囲内にて決定しています。各取締役の月額報酬額は、取締役会にて決議し、各監査役の月額報酬額は監査役の協議により決定しています。
また、取締役の賞与については、定時株主総会の決議により支給総額について承認された後、各取締役の賞与額は、個々の職務と責任および実績を勘案し取締役会で決議しています。

独立社外取締役および独立社外監査役の選任
役職 氏名 選任の主な理由となった実績・見識等 独立役員 2017年度の出席状況
(回/回)
取締役会 監査役会
取締役 宮谷 孝夫 製造業の経営者および業界団体会長としてのモノづくりに関わる豊富な経験と高い見識 16/16 -
取締役 岡本 巖 経済産業省および一般財団法人の要職を歴任し国内外に おける産業・経済活動に関する豊富な経験と高い見識 16/16 -
取締役 内山田 竹志 製造業の経営者としてのモノづくりに関わる豊富な経験と高い見識 - - -
監査役 吉田 享司 公認会計士としての財務および会計に関する相当程度の知見 - -
監査役 若林 宏之 製造業の経営者としての豊富な経験と企業統治に関する幅広い見識 - - -