TOP > サステナビリティ > 社会性報告 > お客様とともに

お客様とともに

社会背景

ISO26000で「消費者課題」が中核主題の1つとして取りあげられているように、消費者の権利への意識が世界的に高まっています。また社会との持続可能な関わり方を価値創造プロセスに組み込むことが企業に求められる中、ステークホルダーとの対話がより重視される傾向にあります。

ジェイテクトの考え方

社会全体をお客様と捉えて

ジェイテクトはお客様に対して、より高品質な製品を提供する「サプライヤーとしての価値」の探求はもちろん、頼れる「パートナーとしての価値」を感じていただくことを目指しています。
また、ジェイテクトの製品は、クルマ、鉄鋼、鉄道、航空、宇宙など、さまざまな産業で使用されており、社会や環境問題と広く深く関わっています。
近年では、「Human Harmonics」をコンセプトに、社会環境の変化に対応し、お客様により身近にお役に立てる製品の開発にも注力しています。
ジェイテクトは、その社会的責任を強く自覚し、直接お取引のあるお客様はもちろん、社会全体までもお客様と考え、常に技術と品質の向上に努めています。

品質方針と品質保証体制

「お客様第一」を念頭に品質方針を定め、さまざまな品質向上活動に取り組んでいます。「設計品質・製造品質」を強調し、それぞれの段階における品質を追求することが、商品品質全体の向上と、お客様からの信頼獲得につながると考え、品質保証体制も整備しています。また方針の浸透・定着のため、全社で掲示・唱和を行っています。

品質方針
私たちは品質第一に徹し、お客様の信頼と満足を得る魅力ある商品を提供する。

  • お客様の立場に立った判断とスピードある行動
  • 全員の創意と工夫による設計品質、製造品質のつくり込み

品質保証体制

品質保証体制

2019年度の主な活動

[ 品質 ]

重要品質問題の根絶に向けて

品質保証本部を中心に、重要品質問題の根絶を目指しています。開発・生準・製造の課題への取組みを軸に品質向上に取り組んでいます。

  • 開発:徹底的な再発防止
  • 生準:円滑なSOPの阻害要因の排除
  • 製造:お客様に安心・賞賛して頂けるフロアマネジメントの実現
EDER(※1)活動の強化

お客様の立場に立って、いち早く市場問題を発見し、速やかな原因究明、対策検討、市場展開を目指す、EDER活動に取り組んでいます。

※1 EDER 早期発見・早期解決を意味する、Early Detection Early Resolution の略。

定期審査を通じて改善

第三者機関による定期審査を通じて品質管理の仕組みを常に改善し続けています。

主な取得済み認証

  • ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)
  • IATF16949(自動車産業向け品質マネジメントシステム)
  • AS9100(航空宇宙防衛産業向け品質マネジメントシステム)
風土改革とお客様満足度向上への取り組み

ジェイテクトでは毎年11月を品質月間と定め、品質に対する意識高揚を図ることを目的に、ポスター・品質標語の募集・掲出や、改善に向けた各部署における討議など、さまざまな活動を実施しています。

品質月間ポスター

お客様満足度調査の実施

主要顧客を中心に毎年行う満足度調査を2019年度も実施。①品質、②デリバリー、③技術対応力、④コスト対応力、⑤技術・営業サービスの5項目の満足度が向上するよう、浮かびあがった課題を全社で共有し、より早く的確に解決するよう努めています。

お客様各社から表彰

さまざまな品質向上活動の成果として、ジェイテクトはお客様各社から賞をいただいています。

2019年度の主な表彰

お客様名 表彰名 受賞企業
いすゞ自動車 品質達成賞 株式会社ジェイテクト
愛知機械工業 品質優秀賞 株式会社ジェイテクト
澤藤電機 品質賞 株式会社ジェイテクト
John Deere(中国)投資有限公司 優秀仕入先賞 株式会社ジェイテクト
タイ日産 品質賞 株式会社ジェイテクト
欧州日産 欧州地域品質賞 株式会社ジェイテクト
AAM 優秀仕入先賞 株式会社ジェイテクト
北米日野自動車 品質優秀賞 株式会社ジェイテクト

[ コミュニケーション ]

新規事業製品(パワーアシストスーツ J-PAS・自立推進トレーニングロボット J-Walker テクテック)を国内見本市で出展

Human Harmonicsをコンセプトに開発した「J-PAS®(ジェイパス)」と「J-Walker テクテック®」を見本市ブースで展示。また、実際に使用して、腰部の負担軽減やフィット感、腕振り歩行によるトレーニングをご体感いただきました。

【出展した見本市概要】
①国際福祉機器展(展示品:J-Walker テクテック 2019年9月25日~27日 東京ビッグサイト)
②国際ロボット展(展示品:J-PAS・J-Walker テクテック 2019年12月18日~21日 東京ビッグサイト)
③ケアテックス(展示品:J-Walker テクテック 2020年2月12日~14日 東京ビッグサイト)
④ロボデックス(展示品:J-PAS 2020年2月12日~14日 東京ビッグサイト)

国際物流総合展、ロボテックス、ネクストイノベーションテクノロジーフェア
J-PAS_ロボデックス

国際物流総合展、ロボテックス、ネクストイノベーションテクノロジーフェア
J-Walkerテクテック

新企業広告

2020年3月より、バレーボールVリーグ・ジェイテクトSTINGSに所属する西田有志選手を起用した新企業広告「跳べ、未来へ」の出稿を開始。
2019年男子バレーボールW杯や初優勝を果たしたVリーグでの西田選手の活躍をきっかけに、幅広い造の方に、ジェイテクトに親しみと共感を持っていただくことを目指しています。

社名認知度の推移

社名認知度の推移

第46回東京モーターショー2019出展

2019年10月23~11月4日まで東京ビッグサイト(西・南・青海各展示棟)で開催された「第46回東京モーターショー2019」に出展しました。出展コンセプト『Touch the Tech! ~触って欲しい、技術の未来に~ 』をテーマに、CASE、MaaSをはじめとした未来のモビリティ社会へ向けた将来技術を展示し、初開催となった『Out of KidZania』では、部品メーカー唯一の出展企業として、トルセン組立工場を再現した小学生向け製造体験プログラムを実施して、各メディアから多く取り上げられました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ展2019

2019年10月28日~2020年1月31日まで、JTEKT ROOM Ginzaにて本企画展を開催しました。本年はレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年にあたり特別企画として開催し、“知られざる科学技術者”としてのレオナルド・ダ・ヴィンチに敬意を表して、当社が再現した「ボールベアリング」模型をはじめ、選りすぐりの再現模型を展示しました。

夏休み体験教室

2019年8月23日に、JTEKT ROOM Ginzaにて、今年で4年目となる小学生対象の「夏休み体験教室」を開催しました。
講師とサポートスタッフは社員が対応して、動くスケルトンカーを観察して車の仕組みを学ぶ勉強会と、トルセンキットの組立体験を行いました。教室終了後も、ドライブシミュレータSODA体験をはじめ展示物を見学していただき、子供たちの声があふれる楽しくにぎやかな一日でした。
「組み立ては難しかった」「とても楽しく頭を使える教室でした」等の感想のほか、来年も是非参加したいとの意見を頂きました。今後も継続して開催していきます。

「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に参画

新型コロナウイルス感染症の対策支援として「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」の趣旨に賛同し、本宣言に参画しました。(2020年5月22日)
当社は本宣言に則り、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症まん延の終結宣言を行う日までの間、新型コロナウイルス感染症のまん延終結を唯一の目的とした行為に対しては、当社が保有する特許権、実用新案権・意匠権・著作権の権利行使を行わず、一切の対価や補償を一定期間、求めないことを宣言します。 今後も当社は引き続き、新型コロナウイルス感染症防止の取り組みを続けて参ります。