TOP > サステナビリティ > 社会性報告 > お客様とともに

お客様とともに

社会背景

ISO26000で「消費者課題」が中核主題の1つとして取りあげられているように、消費者の権利への意識が世界的に高まっています。また社会との持続可能な関わり方を価値創造プロセスに組み込むことが企業に求められる中、ステークホルダーとの対話がより重視される傾向にあります。

ジェイテクトの考え方

社会全体をお客様と捉えて

ジェイテクトはお客様に対して、より高品質な商品を提供する「サプライヤーとしての価値」の探求はもちろん、頼れる「パートナーとしての価値」を感じていただくことを目指しています。また、ジェイテクトの商品は、クルマ、鉄鋼、鉄道、航空、宇宙など、さまざまな産業で使用されており、社会や環境問題と広く深く関わっています。ジェイテクトは、その社会的責任を強く自覚し、直接お取引のあるお客様はもちろん、社会全体までもお客様と考え、常に技術と品質の向上に努めています。

品質方針と品質保証体制

「お客様第一」を念頭に品質方針を定め、さまざまな品質向上活動に取り組んでいます。また、この方針に基づいて品質保証体制を整備し、さらに改善しています。 2013年に品質方針の文言を一部変更。それまで「商品品質」としていた箇所を「設計品質、製造品質」とより具体的な表現に変更しました。設計と製造、それぞれの段階における品質を追求することが、商品品質全体の向上と、お客様からの信頼獲得につながると考えています。

品質方針
私たちは品質第一に徹し、お客様の信頼と満足を得る魅力ある商品を提供する。

  • お客様の立場に立った判断とスピードある行動
  • 全員の創意と工夫による設計品質、製造品質のつくり込み

品質保証体制

品質保証体制

2018年度の主な活動

[ 品質 ]

重要品質問題の根絶に向けて

品質保証本部を中心に、重要品質問題の根絶を目指しています。フロアマネジメント(日常管理・変化点管理・異常処置)のあるべき姿を確立。維持向上や、サプライチェーンを通じた品質向上に取り組んでいます。

QG(※1)-20活動(マイルストーン管理)を実施

企画から、開発、設計、生産準備、生産に至る各段階において20の節目(マイルストーン)管理会議を実施。要求品質を確実に商品へ反映させています。

※1 QG Quality Gatesの略。

EDER(※2)活動の強化

お客様の立場に立って、いち早く市場問題を発見し、速やかな原因究明、対策検討、市場展開を目指す、EDER活動に取り組んでいます。

※2 EDER 早期発見・早期解決を意味する、Early Detection Early Resolution の略。

定期審査を通じて改善

第三者機関による審査を経た品質マネジメントシステム認証取得を積極的に推進。定期審査を通じて品質管理の仕組みを常に改善し続けています。

主な取得済み認証

  • ISO9001(品質マネジメントシステムの国際規格)
  • IATF16949(自動車産業向け品質マネジメントシステム)
  • JIS Q 9100(航空宇宙産業向け品質マネジメントシステム)
風土改革とお客様満足度向上への取り組み

ジェイテクトでは毎年11月を品質月間と定め、品質に対する意識高揚を図ることを目的に、ポスター・品質標語の募集・掲出や、改善に向けた各部署における討議など、さまざまな活動を実施しています。

品質月間ポスター

お客様満足度調査の実施

主要顧客を中心に毎年行う満足度調査を2018年度も実施。①品質、②デリバリー、③技術対応力、④コスト対応力、⑤技術・営業サービスの5項目の満足度が向上するよう、浮かびあがった課題を全社で共有し、より早く的確に解決するよう努めています。

お客様各社から表彰

さまざまな品質向上活動の成果として、ジェイテクトはお客様各社から賞をいただいています。

2018年度の主な表彰

お客様名 表彰名 受賞企業
トヨタ自動車 広瀬工場 品質栄誉賞 株式会社ジェイテクト
トヨタ自動車 部品技術情報部 感謝状 株式会社ジェイテクト
トヨタ自動車 生産部品物流部 品質改善継続賞 株式会社ジェイテクト
ダイハツ九州 品質優秀賞 株式会社ジェイテクト
マツダ 納入不良 連続ゼロ 努力賞 株式会社ジェイテクト
FORD Zero Defects for 2018 award 株式会社ジェイテクト
広汽三菱汽車 優秀サプライヤー賞  株式会社ジェイテクト
TKM Best Quality supplier 株式会社ジェイテクト
TAP EXCELLENT QUALITY PERFORMANCE AWARD 株式会社ジェイテクト

[ コミュニケーション ]

新規事業製品(パワーアシストスーツ・J-PAS)を国内見本市で出展

2018年8月より販売を開始した「J-PAS®(ジェイパス)」を見本市で出展し、実際に装着して重作業での腰にかかる負担の軽減やフィット感などをご体感いただきました。

【出展した見本市概要】
①国際物流総合展(2018年9月11日~14日 東京ビッグサイト)
②ロボデックス(2019年1月16日~18日 東京ビッグサイト)
③ネクストイノベーションテクノロジーフェア (2019年3月19日~20日 吹上ホール)

国際物流総合展、ロボテックス、ネクストイノベーションテクノロジーフェア

新企業広告

2018年2月末より、新企業広告「兄よ、ジェイテクトって大丈夫?」の出稿を開始。
学生を中心とした幅広い層の方に、ジェイテクトに親しみと共感を持っていただくとともに、ジェイテクトのNo.1 & Only Oneの業容を理解していただくことを目指しています。
TVCMや新聞広告だけでは伝えきれない、ジェイテクトの技術力の高さや事業領域の広さをよりよく知っていただくために、ウェブサイトで詳しく分かり易く紹介しています。
その結果、前年度23.3%だった社名認知度は、28.8%まで向上しました。

新聞広告

新聞広告

社名認知度の推移

社名認知度の推移

新聞広告

社名認知度の推移

海外メディア招待イベント

2018年7月9~11日、欧州、インド、中国、米国から自動車・経済記者を招聘し、社長取材、花園工場見学ならびに伊賀試験場での自動運転関連の体験会を開催しました。イベント後、各国のメディアにも多く取り上げられました。

レオナルド・ダ・ヴィンチ展2018

「軸受の再現模型」を展示すると共に、現在の自動運転技術にも相通じ、アトランティコ手稿に描かれた「自走車の再現模型」をはじめ、「はばたき飛行機」や「ヘリコプター(空圧ねじ)」など、現代社会のと関わりのある技術を紹介しました。
また会期中にレオナルド・ダ・ヴィンチとベアリングの技術に関する特別講演会を開催しました。

銀座にオープンイノベーションの拠点を新設

既存事業での次世代先端技術の研究を推進するとともに、新規事業領域の創生にも積極的に挑戦するため、自社での研究・開発だけでなく、大学やベンチャー企業などと連携する、オープンイノベーションに取り組んでいます。この取り組みをより一層活発にするために、2019年2月5日、当社の東京での営業・情報発信拠点である、東京ジェイテクトビルに「G-JOIN(Ginza JTEKT Open INnovation center)」を開設しました。

G-JOIN(Ginza JTEKT Open INnovation center)