TOP > CSR > ジェイテクトのCSR > ジェイテクトの社会的責任の考え方

ジェイテクトのCSR

ジェイテクトの社会的責任の考え方

CSR(企業の社会的責任)について

ジェイテクトは、 2009年2月にCSR方針を策定しました。それを2016年4月に「企業の社会的責任の考え方」「企業行動規準」へと再編し、CSRの多岐にわたる活動に取り組んでいます。

CSR(企業の社会的責任)の考え方

ジェイテクトグループは、「モノづくりを通じて、人々の幸福と豊かな社会づくりに貢献する」という使命の実現に向けて、企業行動規準に則り、「経済」「社会」「環境」のそれぞれの関係において、調和した事業活動を実践します。
良き企業市民として、この趣旨を共有するお客様、サプライヤーのみなさまとともに、社会的課題の解決に努め、社会・地球の持続可能な発展に貢献してまいります。

企業行動規準

お客様、取引先様への責任
  • 遵法精神に基づき、公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。
  • マーケットから発想し、最高の品質・技術・サービスを提供し、お客様の満足と信頼に応えます。
株主様への責任
  • 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを図り、企業情報を公正に開示するとともに、継続的に企業価値の向上を図ります。
従業員への責任
  • 社員の人格と個性を尊重し、可能性と働きがいを大切にする安全な職場を作り、一人ひとりの豊かさを実現します。
地域社会、グローバル社会への貢献
  • 「良き企業市民」として社会貢献活動を積極的に推進します。
  • 国際ルール、各国各地域の法律・文化・慣習を尊重し、その発展に貢献します。
  • 地球環境問題への取り組みは、企業の重要な使命のひとつであることを深く認識し、自主的・積極的に行います。