TOP > サステナビリティ > 社会性報告 > 従業員とともに

従業員とともに -
人事面の取り組み

社会背景

国連グローバル・コンパクトの10原則、ISO26000、OECD多国籍企業行動指針、GRIガイドライン第4版(G4)、国際統合報告フレームワーク、持続可能な開発目標(SDGs)など、CSRに関するさまざまな規格・目標づくりが活発に進められてきた中で、人権・労働に関する記述の補強が相次ぎました。企業に対しては、人権尊重や労働者の権利をより重視した事業活動が、国際的に強く求められています。

ジェイテクトの考え方

一人ひとりが働きやすい環境づくり

ジェイテクトは、人材育成や多様性の尊重、安全衛生などさまざまな面から従業員一人ひとりが働きやすい職場づくりを推進しています。グローバル展開を進める中、人権への理解を深め、国内外のグループ会社で共有することが、今後さらに重要になると考えています。

人権の尊重と多様な人材の活用

ジェイテクトは、企業行動規準において、「社員の人格と個性を尊重し、可能性と働きがいを大切にする安全な職場を作り、一人ひとりの豊かさを実現します。」と定め、人種、国籍、信仰、性別、性的指向、年齢や心身の障がいのなどによる不当な差別の禁止、児童労働や強制労働の禁止、および各国・地域の法令に基づき社員が自由に結社する権利を認める旨や社員および社員の代表と誠実に協議・対話する旨を明文化するとともに、国内外のグループ会社で共有し、徹底を図っています。その上で多様な人材の活用を図るため、さまざまな取り組みを進めています。

主な取り組み

  • 外国人従業員の採用
  • 女性従業員の活躍支援
  • 障がい者雇用
  • 期間従業員の正社員化
  • 育児・看護介護をする従業員への就労支援
  • 時間外労働の削減と有給休暇取得の推進
  • 定年後の継続雇用
  • 人権に関する各種啓発  など

人材育成の方向性

下記の3点を基本に、従業員一人ひとりが達成感を得ながら成長できるよう、体系的な人材育成制度を構築しています。

  • 1. 企業理念を理解し、経営目標を達成できる高い専門性・創造性、卓越した技術を持ち合わせた人材を育成する。
  • 2. ジェイテクトグループの一員として自信と誇りと情熱を持ち、自ら考え、行動する人材を育成する。
  • 3. 人権を尊重し、環境との調和に努め、社会ルールを遵守する国際性豊かな良識ある人材を育成する。

高いモチベーション維持と能力向上

人材育成、評価、処遇の3要素を有機的に結びつけ、入社から退社まで高いモチベーションを維持しながら能力向上を図れるよう、各種人事制度を関係づけて構築しています。

高いモチベーション維持と能力向上