TOP > サステナビリティ > 社会性報告 > 従業員とともに > 安全・衛生面の取り組み

従業員とともに -
安全・衛生面の取り組み

ジェイテクトの基本的な考え方

安全で快適な職場環境づくりを目指して

ジェイテクトでは「全ての災害は必ず防ぐことが出来る」という新しく制定された全社安全衛生理念のもと、全従業員が一体となって安全衛生活動や快適な職場環境づくりに取り組んでいます。また安全理念を表したグローバルメッセージ”All for One in Life”も併せて策定し、命と健康を中心に置いた活動を通じて、オールジェイテクトで災害ゼロを目指していきます。

安全・衛生面の推進体制

全従業員に安全で、健康で働きやすい快適な職場環境づくりを計画的・体系的に推進するために、取締役社長を最高責任者とした全社安全衛生委員会を設け、国内外グループ会社を含めた安全・衛生の一元管理体制を構築し、グローバル一丸となった安全衛生活動を展開しています。
全社安全衛生委員会は、経営層を含めた各工場・事業所の安全・衛生業務を行うメンバーで構成されます。毎年度の初めに、昨年度の安全スコアから、安全衛生活動指針を協議・決定し全社に通達します。
また、全社安全衛生推進会議を毎月開催して、安全に関するトップメッセージ、年度方針の進捗状況などの確認を行っています。合わせて、災害事例の横展開や再発防止事項の徹底も行っています。各工場・事業所においては、安全衛生活動指針に基づき各安全衛生委員会において、安全衛生活動の実施・確認や、従業員の困りごとなどを労使での協議に加え、各工場・事業所の特色に合わせた安全衛生活動や工場長主導による安全・衛生パトロールの結果を報告し、問題点の抽出と改善計画についての対策検討を行っています。
万一、災害が発生した際には、できる限り早く経営層まで情報展開を行うとともに、被災者の救援、職場復帰を支援し、災害の再発防止、未然防止を図っています。

安全・衛生の管理体制

安全・衛生の管理体制

2020年度の主な取り組み

[ ジェイテクトの安全活動 ]

労働災害ゼロを目指して

ジェイテクト全従業員の一人一人に安全度の評価を実施して、その評価結果をもとに、上司は部下に個別で安全知識・行動力の弱点解消と維持・向上にむけた支援面談を定期的に行い、災害ゼロに向け取り組んでいます。
設備については、過去の災害から重大な障害となる6点の災害(重点6災害)特に「挟まれ・巻き込まれ」のリスクがある設備に対して、リスクレベルによるランク付け、ラベル表示を行い、確実に改善が完了するよう、計画の立案~推進まで全社一丸となって取り組んでいます。
安全衛生のマネジメントは、OSHMSに基づくジェイテクト独自の「工場安全文化診断」を国内事業所で実施し、組織や管理者の安全マネジメント状態の見える化を図っています。

安全衛生活動の柱「安全衛生理念」

安全衛生活動の柱「安全衛生理念」

衛生面改善の取組

労働者が安全で健康に働ける職場づくりを行うため、機械加工に伴い騒音や粉塵が発生する職場や、熱処理工程などで高温になる職場、化学物質を取り扱う危険な職場などに対して、労働安全衛生に関する法令に基づき、年に2回作業環境の測定を実施して、職場環境を把握し、維持や改善を続け、労働者の安全と健康を守っていきます。

労働安全衛生マネジメントシステムに基づく活動

ジェイテクトの国内工場では、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)規格に準じたジェイテクト独自の労働安全衛生マネジメントシステムを構築し運用しています。なお国内外のジェイテクトグループにおいては、国内3社でJISHA方式適格OSHMSの外部認証を、海外では14社がOHSAS18001、13社がISO45001による外部認証を取得しています。

労働安全衛生マネジメントシステム認定状況

労働安全衛生マネジメントシステム認定状況

外来工事時の基準の順守

全工場・事業所内で行われる工事では、工事事業者に対して、トヨタグループ共通の安全基準に加え、ジェイテクト独自の安全基準を適用し、工事責任者、作業責任者による現地現物での安全管理を徹底し、災害の未然防止を図っています。

火災リスク低減活動

火災が発生し操業に影響が出れば、ジェイテクトのみならずサプライヤチェーンに多大な影響を及ぼすため、ジェイテクトでは、可燃物と着火源に着目した防火管理方法を作り、トヨタGで協力し、各社で発生した火災事例の横展開、調査を行い防火管理方法の改善を続け、抜けのない防火対策に取り組んでおります。
2020年からは、防火管理方法の横展開による火災リスク低減活動を国内グループ会社、海外にも展開し、火災ゼロを目指しています。

[ 国内グループ会社の安全活動 ]

国内グループ安全活動(小集団活動と特別支援活動)

ジェイテクトでは、国内グループ22社を対象に、安全衛生目標の共有化、災害未然防止・防火活動の展開を目的とした安全連絡会を定期的に開催しております。
安全連絡会では、主に2つの活動の連絡・相談の場としております。
活動1:小集団活動
国内グループ会社を地域別に6つ(関東・中部1、2・関西1、2、四国)に分け、ミーティングを開催し、事前に展開した開催会社の困りごとに対する意見交換やアドバイス、また現場をパトロールし、現地現物で良い点・悪い点を抽出し各社の相互研鑽として活用しています。
活動2:特別支援活動
ジェイテクトの担当者が直接もしくは遠隔で、各社が抱える課題、問題に対して確認し、職場環境の改善や安全な人づくりなど、その場での支援に加え、解決策に繋がる情報提供など、重点的な支援活動を行っています。

[ 海外グループ会社の安全活動 ]

グローバルで安全レベル向上へ

海外グループ会社では、各地域ごとに安全担当部署を設け、以下の4つによる安全・衛生面の確認、支援を行っています。
①年間の安全計画策定
②毎月SPR(SafetyPerfomanceReport)の提出
③定期的な安全衛生会議(リモート会議)にて、安全衛生状況の確認、安全活動での困りごとへの支援、改善協力を行っています。
④災害数の増加時や、災害が発生した際には都度緊急会議を開催し、重点的な安全支援をしています。

ジェイテクト全災害度数率

労働災害発生頻度の推移 全災害件数の水位

ジェイテクト全災害度数率

20年度 作業別災害状況
20年度 作業別災害状況

2020年度のオールジェイテクトの災害件数は82件(医務災害含む)と2019年度よりわずかに減少傾向ではありますが、災害の内訳の中で、38件(約46%)が重点6災害となっています。重点6災害を撲滅するために、今一度、作業の標準化を見直し、安全パトロールの頻度を増やし、管理監督者による安全管理を行い、災害ゼロを目指します。

2020年度の安全活動サマリー

重点推進事項

【安全人間づくり】

  • 従業員の安全度を評価する安全人間評価システムを見直し、より従業員一人ひとりの安全度を把握し、上司だけでなく、職場全体で安全度の向上を目指します。

【設備安全化】

  • 全ての設備に対してリスクアセスメントによるリスク評価を行い、設備に残っているリスクをラベルに記載し設備に貼付け、リスクの見える化を実施して、作業者が被災するリスクの低減を図っております。最終的には、リスクゼロ化に向け、計画的な改善を進めています。

設備安全化

【安全管理】

  • 各工場・事業所の安全衛生委員会では、管理監督者による安全パトロールを実施し、その結果を委員会で報告し、問題点の改善に取り組んでいます。

安全管理

※2 安全人間評価 本人の自己評価により、自らの安全人間のレベルを確認し、今後の成長につなげる仕組み。
※3 スマホハムシ ジェイテクト独自の交通安全唱和。
※4 赤設備 カバーが無く、手が挟まれてしまうような危険が残っている設備。
※5 ショップ別安全道場 職場単位またはライン単位に特化した危険源や設備を対象とした安全道場。
※6 工事管理者教育 ジェイテクト構内において、安全で円滑な工事を行う為の管理者向け社内教育

[ 安全衛生教育による意識・知識の向上 ]

災害未然防止・再発防止のために、「人」「物」「管理」の観点から安全文化を構築するため、年間を通じ、繰り返し安全教育による意識の向上、職位に応じた階層別教育、職種に応じた特別教育、リスクアセスメント訓練、異常処置教育、全従業員にKYT基礎4R訓練(※1)、危険体感訓練などを行っています。

※1 KYT基礎4R訓練
KYTとは危険(キケン)のK、予知(ヨチ)のY、訓練(トレーニング)のT。4Rとは、4ラウンドのこと。危険予知訓練を4つの段階を経て、進めていくものです。

安全衛生教育による意識・知識の向上
TOPによる安全ミーティング&教育

[ 快適な職場環境づくり ]

2020年度は、働きやすい職場作りとして、一人当たりの作業負荷を減らすため、取り扱い重量の軽減を目指し、まずは対象となる作業の見える化を進めました。これらの作業については、からくりを応用したサポート機能やコロ、リフター付き台車などの採用を進め、2023年度までに個人の取り扱い重量の軽減を図っていく予定です。

[ 2021年の取り組みについて ]

安全教育

安全な人づくりを進めるには、日常的な教育と訓練が重要と考えます。ジェイテクトでは安全教育や訓練を計画的に進め災害を起こさない人材の育成に努めています。また社外教育も積極的に活用して、法令に基づく教育の受講、資格の取得を実施しています。

安全教育

安全職場づくり
職場安全集会の開催

各工場・職場単位で、定期または緊急で安全集会を開催し、全員と問題を共有し、一丸となり安全職場づくりに取り組んでおります。

職場安全集会の開催